国内

ふるさとの絶景【石川県】奥能登の里山に広がるのは、自然と人間が共存する理想的な景色

家庭画報が選んだ“ふるさとの絶景” 第18回(全48回) 本誌ゆかりの皆さまに、生まれ育った故郷の心に残る風景、お国自慢の景観など“ふるさとの絶景”をうかがいました。47都道府県を網羅しています。読者の皆さまが生まれ育った場所や現在暮らす場所の絶景に、出合えるかもしれません。前回の記事はこちら

石川県
奥能登の里山と集落の景観

ふるさとの絶景【石川県】奥能登の里山と 集落の景観

赤木明登さん推薦

奥能登の集落は、戦乱による破壊、住民の交代による変化を免れ、中世に成立したままの姿をとどめている。山裾に一列に民家が並び、前方には田畑が拡がる。建物は主に地産材でつくられ、土地に根を生やしているかのようだ。人間と自然のあいだに培われてきた理想的な関係が、そのまま現れている。

●(あかぎ・あきと)

26歳より輪島市に在住。塗師として国内外で高い評価を受けている。

「#ふるさとの絶景」の記事一覧はこちら

写真/アマナイメージズ=村上 洋

※ご紹介した絶景は、季節や気象条件等により見られない場合があります。ご了承ください。

『家庭画報』2020年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年8月号 7月1日発売

創刊750号記念

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading