国内

夏を呼ぶ陽気な掛け声とお囃子の音【残したい日本の音風景・8月】文/細野晴臣

8月 徳島の阿波おどり

文/細野晴臣

2020年の阿波おどりはコロナ禍の影響で中止になってしまい、今年こそ行こうと思っていたが仕方がない。だから動画を見ることにしよう。映像を見るだけでも伝わってくる律動感は、日本でも珍しい「グルーヴ」を持っている。

踊りも「歩行」をダンスへと洗練させた世界基準を踏襲していて、ミュージシャンである自分を興奮させるものがある。

かつて徳島を訪れた時、阿波踊り三味線を弾く若者と話をしたことがある。その時、そのリズムが「一拍子」だということを彼が言ったことに衝撃を受けた。

何故なら自分のリズムに関する持論がその「一拍子」だったからだ。跳ねるようで跳ねない、跳ねないようで跳ねるリズムは音楽の真髄なのだ。そのリズムこそ人を恍惚へと導き、いつまでも踊らせる極意である。

来年こそ徳島に行きたいが、きっと見るだけでは我慢できなくなりそうだ。

上のバナーをクリックすると、実際の音を聴くことができます。

細野晴臣(ほその・はるおみ)

音楽家

1947年東京生まれ。1969年「エイプリル・フール」でデビュー。1970年「はっぴいえんど」結成。73年ソロ活動を開始、同時に「ティン・パン・アレー」としても活動。78年「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」を結成、歌謡界での楽曲提供を手掛けプロデューサー、レーベル主宰者としても活動。YMO散開後は、ワールドミュージック、アンビエント、エレクトロニカを探求、作曲・プロデュースなど多岐にわたり活動。
公式サイト www.hosonoharuomi.jp

出典・音響提供/環境省「残したい“日本の音風景100選”」 写真/田中秀明〈イメージナビ・アイノア〉

※こちらの音は、公益社団法人日本騒音制御工学会ホームページ「日本の音風景100選/サウンドライブラリ」からも聴くことができます。

『家庭画報』2020年8月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年8月号 7月1日発売

創刊750号記念

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading