国内

「湖畔に立つと地球の声が聞こえてくる」。ベニシアさんが愛する日本の風景とは?

春夏秋冬雄大な景色を旅する 日本の絶景遺産 第5回(全13回) 豊かな自然に恵まれた日本には、絶景の名にふさわしい、感動を呼ぶ風景が数多くあります。未来に伝えたい“絶景遺産”を美しい写真でご紹介、今改めて“美しい国、日本”をお届けします。前回の記事はこちら>>

外国人著述家が愛する
“次世代に伝えたい風景”

日本に残る自然と調和した歴史ある町並みや昔ながらの民家、手つかずの原生林……。外からの目が、私たちに気づかせてくれます。それが、世界でも類を見ない、かけがえのない美しい風景であることを。

秋の湖北水鳥公園秋の湖北水鳥公園。ススキやヨシの原っぱの向こうに見えるのは竹生島(ちくぶしま)。

琵琶湖の湖畔に立つと
地球の声が聞こえてくる
【滋賀県・琵琶湖】
──ベニシア・スタンリー・スミスさん

ずっと昔、母の反対を押し切って英国を飛び出し、インドから日本へ旅した私は2年ぶりに、アイルランド中南部にあるダーグ湖畔の田舎に移り住んでいた母を訪ねた。

日本で暮らしたいけれど、これから何をして生きていこうかと不安だった私を、ダーグ湖の美しい風景が励まし、力を与えてくれた。今でも琵琶湖を眺めると、当時のことが思い出される。琵琶湖の澄んだ水は、私を癒し、安心させてくれる。

私はその後日本で結婚し、子供を4人授かった。今は近くの琵琶湖へよく出かける。湖畔の散歩は気持ち良く、水鳥も見られる。夏になると子供や孫たちと一緒に泳ぐのが楽しみだ。

ベニシア・スタンリー・スミスさん伊吹山中腹から竹生島を遠望。その昔、伊吹山の神と金糞岳(かなくそだけ)の神が高さを競った。負けた伊吹山の神は怒って金糞岳の神の首を切り落とした。その首が琵琶湖に落ちて、竹生島になったと伝わる。

ベニシア・スタンリー・スミス
イギリス・ロンドン生まれ。ハーブ研究家、エッセイスト。京都で英会話学校を経営。

〔特集〕春夏秋冬雄大な景色を旅する 日本の絶景遺産(全13回)

01 ドナルド・キーンさんが愛した瀬戸内海の絶景

02 C・W ニコルさんに「日本の森を守る」と誓わせた、美しきブナの原生林との出会い

03 一目で虜になったおとぎの国のような祖谷渓──アレックス・カーさん

04 スイス出身のステファン・シャウエッカーさんを魅了した“神々の遊ぶ庭”

05 「琵琶湖の湖畔に立つと地球の声が聞こえてくる」。ベニシア・スタンリー・スミスさん

06 現代の“竜宮城”が浮かぶ日和山(ひよりやま)海岸。朝もやに包まれた幻想的な絶景

07 暗闇に浮かび上がる妖艶な姿が圧巻。山梨県・乙ヶ妻(おっかづま)の一本桜

08 まるで“ハイジ”の世界! 北海道・十勝千年の森に広がる牧歌的な風景

09 隠岐諸島・西ノ島に降り注ぐ光線。プロがとらえた神々しき一瞬

10 鳴門スカイラインからの絶景をご存じですか? 堀越海峡の迫力ある水流と夕暮れ

11 能登上空で飛行機からとらえた一瞬! プロ写真家の“絶景写真”

12 息を呑むほどの荒々しさを見せる石川県・安宅海岸

13 『家庭画報』読者の皆さまが写した「心に残る絶景写真」


この特集の掲載号
『家庭画報』2020年7月号

撮影/梶山 正
※誌面で紹介した絶景は、季節や気象条件などにより見られない場合があります。ご了承ください。

『家庭画報』2020年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading