国内

伊藤 蘭さんがグランピング体験! 瀬戸内海の無人島で“ラグジュアリーデイキャンプ”

新しいアウトドアの形 注目のグランピング 第1回(全5回) グランピング(glamping)とはグラマラス(glamorous=魅惑的な)とキャンピング(camping)を合わせた造語で、自然の豊かさを肌で感じながら、快適な部屋に宿泊する新しいリゾート旅のスタイルのことをいいます。その起源は古く、17世紀に英国の貴族たちが狩猟を目的に訪れたアフリカで設営した、豪華なテントともいわれています。日本国内にも数多くの施設ができる中で、家庭画報本誌が考えるグランピングとは、食事やアクティビティは屋外で楽しみ、宿泊は快適な設備の整ったラグジュアリーなホテルで、というスタイル。島、川、海、森、4つのロケーション別に厳選した国内のグランピングと、手つかずの大自然や絶景が楽しめる海外のグランピングへご案内します。

※以下の記事は、『家庭画報』2020年6月号取材当時の情報です。営業時間等は変更となっている場合もありますので、最新の営業状況等はお店の公式ホームページ等でお確かめください。

ラグジュアリーデイキャンプを楽しむ伊藤 蘭さん「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」の無人島でラグジュアリーデイキャンプを楽しむ伊藤 蘭さん。瀬戸内の美味を堪能した後は、テントやビーチサイドにゆっくり滞在できる。

伊藤さん着用衣装:シャツ9万9000円 スカート23万5000円 ストール7万5000円 サンダル12万3000円 ブレスレット30万円 リング25万円/すべてブルネロ クチネリ(ブルネロ クチネリ ジャパン)

【島のグランピング】
伊藤 蘭さんがホテル所有の無人島で“ラグジュアリーデイキャンプ”
──ベラビスタスパ&マリーナ 尾道(広島県・尾道市)

島で味わうバーベキュー島で味わうバーベキューは、宿泊者限定のプライベートビーチに新たに設けたテントで、スタッフが焼きたて、作りたての料理をサービス。のどかな島時間を思い思いに楽しめる。

伊藤 蘭(いとう・らん)さん
女優としてテレビ、映画、舞台、ナレーション等で活躍。元キャンディーズのメンバー。2019年にソロ歌手としてデビューし、41年ぶりにオリジナルアルバムをリリース。コンサートを開催するなど活動の場を広げている。

調理やサービスはすべてスタッフにおまかせという贅沢

「ラグジュアリーデイキャンプBBQ」芝の上に設置されたテントは、シンプルながら高級感を醸し出すデザインが人気のデンマークの老舗アウトドアブランド「ノルディスク」製。テントごとに広さとしつらいが異なる。

おだやかな瀬戸内海を一望する高台にある「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」。

「瀬戸内キロメートル・ゼロ」のコンセプトのもと、この地だからこそできる体験が充実、今夏には無人島での半日ステイプラン「ラグジュアリーデイキャンプBBQ」が始まります。

マリーナで船に乗り込み、疾走すること15分。テントやツリーレストランが設置された白砂のビーチに着くと、専属のスタッフがあたたかく迎えてくれます。

シャンパーニュやワイン、ビールなど、ドリンクも充実シャンパーニュやワイン、ビールなど、ドリンクも充実し、スタッフがサーブしてくれる。テント内の家具や調度品、食器類は、海をテーマにコーディネートされている。

「異国のような雰囲気で、料理もとても洗練されています。瀬戸内の魅力を熟知するリゾートホテルだからこそできる至れり尽くせりのデイキャンプですね」と細やかなサービスに感激の様子の伊藤 蘭さん。

炭火焼きのステーキや魚介料理、島オリジナルのカレーなど炭火焼きのステーキや魚介料理、島オリジナルのカレーなど、調理はすべてシェフにおまかせ。

食卓の上には新鮮な野菜を使った前菜や海の幸のブロシェットが並び、メインのTボーンステーキが登場すると、思わず歓声が上がりました。

クルーザーに乗り、無人島へホテルのマリーナから、この日は特別にクルーザーに乗り、無人島へ。「プライベートビーチでデイキャンプが体験できるなんて楽しみ」と心躍らせる伊藤さん。

食後はテントで、ビーチで、思い思いの時を過ごす

デッキを散歩する伊藤さんプライベートビーチの白い砂浜に設けられたデッキを散歩する伊藤さん。

蒼い空と海に包まれた島で食事を楽しんだ後は、テントやビーチへ。

波音をBGMに海を眺めて過ごすもよし、シエスタを楽しむもよし。島ならではの風景や時間がゲストの心を和ませます。

カフェスペース「ザ・ラウンジ」ホテルの中に入った瞬間からリゾートモードに。カフェスペース「ザ・ラウンジ」ではわが家のようにくつろげる。

テントの中は見た目以上に広く、ホテルと同じベッドや海にちなんだ調度品を配したラグジュアリーな気分に浸れる空間。さらにアクティブ派のためにビーチヨガやシーカヤックなどの体験プログラムも充実しており、周辺の島やアートスポットをホッピングする1組限定のツアーも用意されています。

「キャンプになじみがない私でも気軽にアウトドアを楽しめる新しいスタイルのリゾートですね。ホテルから見る景色や料理も素敵ですが、少し足を延ばしただけで瀬戸内の美しい景色、魅力をより身近に感じることができ、癒やされました」と、“島時間”を満喫した伊藤さん。

全客室がオーシャンビュー全客室がオーシャンビュー。地産地消をコンセプトとし、インテリアや室内着にデニムを多く使用している。

ラグジュアリーホテルでの滞在と、無人島の優雅なグランピングの両方を体験し、瀬戸内のバカンスを心ゆくまで堪能したようです。

ホテルを象徴する「ザ・デッキ」と調度品左・ホテルを象徴する「ザ・デッキ」から見る景色は日ごとに変わる。夕景は必見。右・ランタン、トランクなどキャンプをテーマにした調度品がテント内に配される。

●ベラビスタ スパ&マリーナ
尾道広島県尾道市浦崎町大平木1344-2
TEL:0120-87-3333
HP:http://www.bella-vista.jp/
1室2名利用で1泊朝食付き1名2万6950円~。
ご紹介した「ベラビスタアイランドビーチ ラグジュアリーデイキャンプBBQ」は、10時にホテル前のマリーナから、ホテル所有の船で無人島へ行き、プライベートビーチでBBQコースとテント滞在を楽しみ、16時40分にホテルに戻る(プランの一例)。1日3組限定。BBQランチ1名1万3000円、12歳以下6500円、食事は利用実人数で受け付け。テント1組1万円~(送迎船代、税・サービス料込み)。2~8名の対応可。2020年7月17日~9月6日。3日前までに要予約。オプションでビーチヨガ1名2500円、無人島エステ1名3万円ほか。天候などの事情により、ご希望に沿えない場合があります。詳細はお電話でご相談ください。


伊藤 蘭さんのインタビュー記事を読む>>

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/鍋島徳恭 スタイリング/馬場郁雄 ヘア&メイク/黒田啓蔵〈Kスリー〉 取材・文/西村晶子

『家庭画報』2020年6月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading