国内

海上のホテルで横浜の夜景を独占!「インターコンチネンタル横浜 Pier 8」

土地の魅力を生かした最新ホテルへ 第3回(全4回) 世界中に新しくオープンするホテルのキーワードの1つは「ローカル」。その土地らしさをどう出すか、各ホテルがしのぎを削っています。森、温泉、港町、食材。日本が誇る4つの風物に出合える最新ホテルへご案内します。前回の記事はこちら>>

インターコンチネンタル横浜 Pier 8

海に浮かんでいるかのようなホテルの外観。奥には姉妹ホテルの「ヨコハマ グランドインターコンチネンタル ホテル」がそびえ立ち、夜景に彩りを添える。

宝石をちりばめたような夜景が旅情を誘う港町・横浜に、まるで海の上に建つかのような「インターコンチネンタル横浜Pier(ピア)8」が誕生しました。

ふ頭を意味する名のとおり、海の玄関口である「新港ふ頭客船ターミナル」と一体になった、新しいスタイルのホテルです。

シグネチャースイート

広さ133平方メートルの「シグネチャースイート」。ミニキッチンやダイニングテーブルも完備。リビングから、ベッドルームから、テラスから、海の景色を満喫できる。

ホテル専用の入り口に足を踏み入れれば、周囲の喧騒が遮断された、心地よい静けさに包まれます。

客室はすべて45平方メートル以上で、クルーズ船をイメージした明るい色合いの瀟洒なインテリアが特徴。

大きな窓があり開放感に満ちたバスルームでリラックス。

大きな窓があり開放感に満ちたバスルームでリラックス。

なかでも「シグネチャースイート」をはじめとする海側の部屋は、遮るものがないオーシャンビューを独り占めでき、その美しさは圧巻です!

レストランでは、神奈川県産の野菜や海鮮を使った料理や、日本庭園に面したすし処で美食に舌鼓。

レストラン

レストランでは神奈川県産の洋風野菜や蜂蜜、近海でとれた海鮮類を、イタリアンとフレンチを融合させた料理でいただける。写真はディナーの一例で、オマール海老にうにと神奈川野菜を添えたひと皿。

なお、ハイグレードな客室の宿泊者専用のクラブラウンジがあり、食事を特別な空間で楽しめるほか、チェックアウト後も正午のラストオーダーのため、最後まで思い思いの過ごし方で滞在をゆっくり満喫できます。

クラブルーム

「クラブルーム」「スイートルーム」宿泊者専用の、クラブラウンジの入り口。海を見渡す広々としたソファ席で、存分に朝食、昼食、スイーツやお酒が楽しめる。

Information

インターコンチネンタル横浜Pier 8

神奈川県横浜市中区新港2-14-1

TEL 045(307)1111
基本料金 1室2名利用で1泊1室4万円~。

https://www.icyokohama-pier8.com/

  • ご紹介した「シグネチャースイート」は同30万円~(サービス料別)

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/小林廉宜

『家庭画報』2020年2月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年3月号 2月1日発売

秘密の京都

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading