国内

日本の原風景に滞在し、美濃の暮らし、和紙の魅力に触れる旅

都道府県発のとっておき「岐阜県」

EDITOR’S REPORT 街に溢れるさまざまな情報の中から、編集部員が読者の皆さまに役立つ情報を厳選してご紹介します。新しくオープンした店や、アイディアが光る新商品、地方発の注目情報など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報がきっと見つかります。記事一覧はこちら>>

宿泊複合施設。

800坪の敷地にある宿泊複合施設。

ぬくもりのある繊細な風合いと品質の高さが世界でも認められている美濃和紙。

その商いで栄え、今も往時の伝統や文化を色濃く残す伝統的建造物群保存地区に、和紙が息づく郷の暮らしが体験できる宿泊複合施設「NIPPONIA美濃商家町」がオープンしました。

90年ほど前に建てられた美濃屈指の紙商・松久才治郎の別邸を改修、改装し、母屋と金庫蔵、道具蔵、楮蔵の3つの蔵は全6室の客室に、いちばん大きな蔵には和紙のコンセプトショップ「Washi-nary」を設けています。

80種類ほどの美濃和紙を揃える「Washi-nary」

80種類ほどの美濃和紙を揃える「Washi-nary」

茶人でもあった主人の趣味が感じられる庭が一望できる広々とした部屋や、書斎、茶室、中庭を備えた落ち着きのあるメゾネットタイプの部屋、豪壮な蔵の梁や土壁、土間をそのまま生かした離れなど、間取りも雰囲気も6室6様。

「陽明殿」

壁に和紙を貼った元道具蔵の「陽明殿」は露天風呂付き。宿泊は1泊朝食付き1室2名利用で4万370円~。

宿泊客にはオリジナルの懐紙を添えて、お抹茶と和菓子をサービス。

宿泊客にはオリジナルの懐紙を添えて、お抹茶と和菓子をサービス。

味わい深い手漉き和紙を障子や壁に貼り、職人とアーティストが一緒になって作った和紙アートや照明器具が部屋ごとに飾られ、シーツや枕カバー、タオルにも和紙が使われています。

手漉き和紙の障子と枕カバーやシーツで熟睡できる「満月」の寝室。

手漉き和紙の障子と枕カバーやシーツで熟睡できる「満月」の寝室。

美濃和紙

客室の建具にもさまざまな美濃和紙を使用。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年10月号 8月30日(金)発売

モナコ公国 華麗なる舞踏会

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading