国内

空間に憩い、料理にときめく。古都に生まれた“新しい風”〔ザ・サウザンド キョウト〕

「至福のホテル」で日本の魅力を再発見07

古都の小路を思わせるエントランスをくぐりぬけると、そこは自然光が降り注ぐのびやかなロビー。2019年1月に誕生した「ザ・サウザンド キョウト」は京都駅から徒歩2分という好立地に加え、贅沢な空間で豊かな時間を過ごせるホテルと、早くも人気を集めています。

ホテルのシンボルともいえるロビーの大階段。

神社仏閣をイメージしたロビーの大階段、坪庭の竹林を望む「カフェ&バー」、そして日本ならではの心地よさを追求した客室……。館内の隅々にまで、上質でシンプルなセンスが息づいています。

2階にあるイタリアン「スカーラエ」も、美食好きには注目のスポット。なかでもダイニングの一角に設けられたカウンターは、ディナータイムに「スカーラエ プラス」としてスペシャルコースがいただける特等席になります。

クリアなトマトウォーターを注ぐと、スープの色が青から紫に変わっていく。「スカーラエ プラス」の初夏コースのパスタ料理は、バタフライピーの茶葉を使用した印象的なひと皿。

カウンターで楽しめるのは、世界各地で研鑽を積んだ菱田雅己シェフを中心に、辣腕のシェフたちそれぞれの感性が調和し織りなす、“これぞスカーラエ”な料理。遊び心やウィットに富んだひと皿に続いてクラシックベースの料理が出てくるなど予想もつかない展開に、美味心は刺激されっぱなし。向上心に満ちた若きシェフ軍団から、しばらく目を離すことができそうにありません。

Information

ザ・サウザンド キョウト

京都市下京区東塩小路町570

  • 〔基本料金〕1室2名利用で1泊1室6万3000円~。ご紹介した「プレミア・テラスツイン」は1室2名利用で1泊1室11万5000円(いずれも税・サービス料別)。

    ●スカーラエ(2階)

    営業時間:11時30分~14時30分(LO)、17時30分~21時(LO)
    ランチ3200円~、ディナー8000円~。「スカーラエ プラス」はディナー限定、シェフおまかせの1万4000円のコースのみ、要予約(いずれも税・サービス料別)。

撮影/角田 進 取材・文/露木朋子

『家庭画報』2019年7月号掲載。この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
※(税別)(サービス料別)とあるものには別途、消費税やサービス料がかかります。表示されている宿泊料金はシーズンの最低料金です。料理は状況によって、一部メニューや盛りつけが異なる場合があります。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading