国内

この春、奇跡の3碗同時期公開!国宝「曜変天目」を巡る旅へ

国宝「曜変天目茶碗」中国・南宋 藤田美術蔵

国宝「曜変天目茶碗」中国・南宋  藤田美術館蔵

世界に3碗のみ現存する「曜変天目」茶碗。そのすべては日本にあって、国宝に指定されています。

京都の大徳寺龍光院、大阪の藤田美術館、東京の静嘉堂文庫美術館が、それぞれ1碗ずつ所蔵。

あまり頻繁には一般公開されることのないこの3碗が、滋賀県「MIHO MUSEUM」、奈良県「奈良国立博物館」、東京都「静嘉堂文庫美術館」で、この春、奇跡的に同時期に公開されることになりました!

JR東海では、美術館への直通バスの運行や展示される美術館の貸し切りツアーなど、さまざまなスタイルのツアーを企画。さあ、あなたも奇跡の「3碗制覇」にチャレンジしてみませんか?

国宝「曜変天目」とは?

国宝「曜変天目」南宋 12-13世紀 大徳寺龍光院蔵
国宝「曜変天目」中国・南宋時代(12~13世紀) 大徳寺龍光院蔵

中国・南宋時代(12~13世紀)に、福建省の建窯(けんよう)で焼かれた黒釉の碗を建盞(けんさん)と呼びます。大量に焼かれた建盞のうち、窯内で偶然、大小の斑文と、その周辺に美しい光彩が生じたものが「曜変天目」と呼ばれ、唐物全盛の室町時代には、茶碗の中で最高峰に位置づけられています。

《京都駅発着2館周遊バスプラン(日帰り)》
滋賀県MIHO MUSEUMと
奈良国立博物館を、便利なバスで

緑に囲まれたMIHO MUSEUM。

4月27日(土)~5月19日(日)の間の土曜・日曜・祝日の13日間に、京都駅から奈良国立博物館、MIHO MUSEUMを巡るバスが運行されます。

奈良国立博物館で展示されている国宝「曜変天目茶碗」中国・南宋 藤田美術館蔵 

ルートは、京都駅→奈良国立博物館→MIHO MUSEUM→京都駅。通常はアクセスに時間がかかる奈良国立博物館とMIHO MUSEUMを1日でラクに巡ることができる、便利でお得なツアーです。

奈良国立博物館では、優先入館も可能。さらに東京都にある静嘉堂文庫美術館の入場引換券付きのため、3つの「曜変天目」を同時期にすべて見ることができます。

《京都駅発着2館周遊バスプラン(日帰り)》

実施日:
4月27日(土)、28日(日)、29日(月・祝)、5月1日(水・祝)、2日(木・休)、3日(金・祝)、4日(土・祝)、5日(日・祝)、6日(月・振休)、11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)

価格:8400円(税込み、大人1名様)

※4月30日(火)はMIHO MUSEUMの休館日のためなし。
※静嘉堂文庫美術館入場引換券付き(4月13日(土)~6月2日(日)の期間中1回限り)。

桜の名所MIHO MUSEUMも
旅の魅力のひとつ

美しいカーブを描くトンネルの先に、枝垂れ桜の並木道が約150m続くMIHO MUSEUM。

満開時はトンネル内が桜色に染まり、桜の名所となっています。

開花時期は気候によって異なりますが、毎年4月の初旬〜中旬。満開の時期に当たるとラッキーですね。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading