国内

こんぴら歌舞伎のお供に。香川・讃岐で愛される、春爛漫のお弁当「かぶきもの弁当」

都道府県のスペシャリテ「香川」

香川県琴平町には、江戸時代に建てられた現存する国内最古の歌舞伎小屋「旧金毘羅大芝居(金丸座)」があり、毎年開催される春の興行「四国こんぴら歌舞伎大芝居」の際は、全国から多くの歌舞伎ファンで賑わいます。

山本さんご夫妻

高松市内のなかでも、ひときわ風情のある佇まいを見せる「料亭 二蝶」の門構えと山本さんご夫妻。

高松市で70年以上の歴史を持つ「料亭 二蝶」の3代目、山本亘さんと女将の容子さんご夫妻も、この大芝居の大ファン。

かぶきもの弁当

京都で学んだというだし巻き卵は「讃岐コーチン」を使用。ふっくらと甘みのある京風仕上げ。ほかにも、歌舞伎小屋のある琴平町の名産のたけのこ、一寸豆、豆ご飯が春の彩りを添える。

毎年観に行くうちに、「歌舞伎の気分をより高揚させるような弁当を作りたい」と思うようになり、「かぶきもの弁当」が生まれました。

幕間にさっと食べられ、お芝居に負けず劣らず印象に残る弁当の考案にかかった歳月は10年。

旧金毘羅大芝居(金丸座)の桟敷席

1835年に建てられた旧金毘羅大芝居(金丸座)の桟敷席。公演開催時以外も見学ができる(大人500円)。

広くはない桟敷席でもゆとりが持てるようにと、15センチ角ほどの小さな木箱には23品目も入り、歌舞伎の演目とコラボレーションしたあらゆる“仕掛け”が観劇の気分を高めます。

今年の演目にちなんだ掛け紙と、2匹の蝶が舞う姿が愛らしい「二蝶」オリジナルの手ぬぐい。家庭画報読者が弁当(3000円)を購入すると、特別にこの手ぬぐいをプレゼント。

たとえば今年は、『義経千本桜』にちなみ、掛け紙にはすし桶を持った役者の姿が描かれ、蓋を開けると、穴子棒ずしや鯛桜葉ずしが眼福を誘い、食べる前から心が躍ります。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

【4/1発売】『家庭画報』2019年5月号

2019年4月1日(月)発売

心に残る「平成」という時代 『家庭画報』2019年5月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading