国内

金沢の本屋さんが面白い! 観光ついでに、ぜひ立ち寄りたいこの4軒

3月の都通信
アートに触れる

都(MIYAKO)通信 今世界の都では何がHOTなの――?! 毎週木曜&金曜日は、東京・京都・金沢・パリ・NY・ハワイの6都市から、現地特派員が最旬ニュースをお届けします。木曜・金曜更新。都通信記事一覧へ>>

クリエイティビティを刺激する本屋で巡る金沢

本との出会いの場は、何も大型書店だけではありません。金沢の街中には、個性的なセレクトショップやアートを扱う書店も多く、足を運ぶだけでもワクワクします。アート好きなら絶対楽しめる書店4軒を紹介します。

 


企画展アーティストがセレクトした本や関連グッズも購入可能。展示が変わるとラインナップもごっそり変わる。

デザイン会社が手掛ける本とギャラリー
「Books under Hotchkiss(ブックスアンダーホッチキス)」

金沢21世紀美術館からも見える、目玉がついた印象的な建物。ここは、デザイン会社「Hotchkiss」の金沢支社が入居するビルで、1階が本屋、2階がギャラリー、3階、4階がオフィススペースとなっています。

本屋といっても一般書籍がずらりと並んでいるわけではなく、企画展に沿った本や展示アーティストおすすめの本・グッズが並び、アートスペースを見に行くという感覚のほうが近いです。

過去の企画内容には、ものづくりユニットtupera tuperaの「tupera tuperaとへんてこ金沢をつくろう!」やカレー&スパイス専門家の「水野仁輔 金沢スパイス研究所」などがあり、スパイス展のときは、ギャラリースペースに、回転寿司用のベルトコンベヤーが設置され、オリジナルスパイスが調合できたそうです。取材に訪れた時は、今まで開催された展示を振り返るアーカイブ展で、これまでの展示内容が並んでいました。


2階のギャラリースペースもじっくり見て回りたい。

2階のギャラリーには、代表の水口克夫さんがこれまでの企画展への着想などのコメントが。どれも思わずクスリと笑ってしまう逸話が盛り込まれ、ついつい時間を忘れて読み込んでしまいます。

この記事が配信されたときには、アーカイブ展は終了していますが、次の歌手・石川さゆりさんの展示もどのようなものになるか見ものです。金沢21世紀美術館に足を運んだ際は、ぜひ、その足で訪れてみてください。


1階には、本の他、オリジナルグッズも並ぶ。


tupera tuperaがデザインしたという印象的な外観。

Books under Hotchkiss
石川県金沢市広坂1-9-11
電話 076-222-1801
営業時間 11時~18時
月曜定休
http://booksunderhotchkiss.com/
次回展示は、「石川さゆりが歌う「女たち」から読み解く 「石川さゆり」のつくりかた」。2019年3月22日~6月23日。※企画展を開催していない時期は店舗は休業です。ご注意を。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

【4/1発売】『家庭画報』2019年5月号

2019年4月1日(月)発売

心に残る「平成」という時代 『家庭画報』2019年5月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading