国内

星野リゾート 竹富島・東京・京都 ― 「星のや」ならではのひと皿を訪ねて

何度でも訪れたい美食のホテル 10

珊瑚の島が育んだ食文化。里海の恵みをフレンチに
星のや竹富島

島の特産物をちりばめた料理は滞在の何よりの楽しみ。「アーサーをまとった車海老のフリット」は、車海老の甘みを引き出す絶妙な火入れが見事なひと皿。背景には、敷地内の見晴台から望む、竹富島特有の美しい建築様式を用いたリゾート「星のや竹富島」の全景が広がる。

赤瓦の屋根と手積みの石垣が独特の風情を漂わせる家並み。守り継がれてきた伝統ある風景と、「星のや竹富島」が溶け合います。時間の概念から解放された離れの客室、島のリズムに身をゆだねるスパプログラム、離島の文化と触れ合うアクティビティなど、滞在の楽しみはとても多彩です。

星空や朝焼けが楽しめる象徴的な場所、24時間利用可能なプール。

珊瑚の石垣が囲む戸建ての客室。縁側で島時間の豊かさを体験したい。

心躍るのが、この地ならではの食文化を尊重し、特産の食材をフレンチの発想をもとに再構築した美食メニュー。なかでも、「島テロワール」は、温暖な気候に育つ多くの食材が旬を迎える、冬限定の味わいです。

島テロワール
〔MENU〕
命草と島豆腐のクープ
ドゥル天 トリュフの香り
アーサーをまとった車海老のフリット
車海老のビスクとニンジンのクリーム
車海老のサンゴ焼き
命草ソース
あかね芋のローストとフォアグラのサラダ仕立て
車海老と豚のショーソン
あかね芋のタルト
マンゴーのババ 泡盛の香り

アグー豚のミンチに、新鮮な車海老を合わせてパイ包みにした「車海老と豚のショーソン」(手前)。島の文化継承に尽力する生産者から育て方を教わり敷地内で収穫した特有のいもに、フォアグラを添えた「あかね芋のローストとフォアグラのサラダ仕立て」(奥)。※メニューは食材の仕入れ状況により変更になる場合があります。

「この島に来て実感したことが、ここの食材の持つ力強さと、食材の取り合わせや調理法がフレンチと共通していること。どんぐりを食べて育つ西表島の猪や、島民の健康を支えてきたハーブ〝命草(ぬちぐさ)〟を使うメニューなど、アイディアが次々に浮かびました。温かな海水を揺りかごに育つ甘みの強い車海老は、ぜひ召し上がっていただきたいものの一つ」と料理長の中洲達郎さん。

フランスで学び、著名なレストランで活躍した経歴を持つ中洲料理長。食材はもちろん、沖縄の焼き物〝やちむん〟とのコラボレーションも提案。

「島テロワール」のコンセプトによる朝食「畑人(はるさー)ブレックファスト」。長命草やハンダマ、ゴーヤなど季節の命草を取り合わせたサラダがメイン。島こしょうピパーツ香るソーセージ添えの卵料理や焼きたてのパンとともに。

フルーツや命草を使ったジュースが、体を目覚めさせる。

澄んだ海の恵みと、島の温暖な気候が奏でる美味。くつろいだ雰囲気の中でいただく料理は、まさに島からの贈り物です。

青い海と珊瑚のビーチに囲まれた竹富島。

星のや竹富島
沖縄県八重山郡竹富町竹富
TEL:0570(073)066(星のや総合予約/9時~20時)
URL:hoshinoyataketomijima.com/
[基本料金]1泊1室6万1300円~(税・サービス料込み、食事代別)

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年7月1日(月)発売

軽井沢で涼を楽しむ『家庭画報』2019年8月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading