国内

京都の菓子司が手がけるクリスマス和菓子を発見!手土産にも最適です。

12月の都通信
私の街のクリスマス

都(MIYAKO)通信 今世界の都では何がHOTなの――?! 毎週木曜&金曜日は、東京・京都・金沢・パリ・NY・ハワイの6都市から、現地特派員が最旬ニュースをお届けします。木曜・金曜更新。都通信記事一覧へ>>

和菓子で迎えるクリスマスはいかが?

(京都特派員:西村晶子)

12月に入ると街はクリスマスムード一色。イベントも目白押しです。京都でも街のあちらこちらでクリスマスデコレーションが見られますが、和菓子屋さんでもクリスマスをテーマにしたお菓子を作っているのをご存じですか。

茶席でも評価の高い、上生菓子を専門に扱う平成生まれの菓子司「聚洸(じゅこう)」もその一軒です。

お茶人も認める、平成生まれの菓子司

京都には、名店、老舗の菓子司がたくさんありますが、こちらは平成17年に創業した比較的新しいお店。

その高い美意識と洗練された味わいで早くから注目を集め、クリスマスの和菓子もご覧のとおりの美しさと愛らしさです。

「開業当初から変わったことはせず、修業先や実家の菓子を手本として、繰り返し作ることで、ごく自然に自分の個性が生まれました。10年経った頃からようやく聚洸の菓子をわかっていただけるようになり、やっと和菓子屋としてスタートを切った気がします」とご主人・髙家裕典さん。

西陣の老舗「塩芳軒」の次男として生まれ育ち、名古屋の名店「芳光」で修業を積み、この13年間、上生菓子だけを手がけています。

それでは早速、髙家さんが手がけるクリスマス和菓子をご紹介しましょう。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 12月1日(土)

3種同時発売!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading