国内

【新連載】温泉に恋した桐島ノエルさんによる連載コラムがスタート

【新連載】桐島ノエルの温泉ダイアリーズ 国内外問わず多くの“いい湯”に浸かってきた桐島ノエルさんが、ご自身の記憶に残る温泉の魅力を綴ります。

鹿児島県霧島市の民営国民宿舎「霧島新燃荘」。私好みの濃い~い硫黄系。

桐島ノエルの温泉ダイアリーズ
プロローグ「私が温泉に恋したその理由 」

(文/桐島ノエル)

温泉は日本の宝だ。私はいたって真面目にそう思っている。

考えてみれば子どもの頃からお風呂が大好きだった。姉弟3人で育った横浜のマンションでは、バスタブは私が一人になれる貴重な場所だった。

試験前には、風呂場に篭り、ノートの紙を濡らして壁に貼り付けて勉強をした。そうすると、不思議と内容がスーッと頭に入るのだ。

もともとテンションが高く、あがり症で緊張しいの私は、お風呂に入れば自然とリラックスできることを、頭ではなく身体で理解していたのかもしれない。

桐島ノエルさん 温泉

旅先で秘湯に出会うと入らずにはいられない。岩手県八幡平の藤七温泉「彩雲荘」。

私のお風呂好きは大人になるにつれエスカレートしていった。

基本的に物がゴチャゴチャ置いてある空間が嫌いな私は、「男の人の部屋みたい」と姉に呆れられるほど、何もない部屋に住んでいた。

しかし、バスルームだけはいつでも精油やオイルが入ったガラス瓶に、キャンドルや枕、ハーブのサシェなどがひしめき合うゴージャスな空間だった。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 12月1日(土)

3種同時発売!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading