国内

奈良「オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井」で、悠久の時が紡いだまほろばにくつろぐ

奈良「オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井」で、悠久の時が紡いだまほろばにくつろぐエグゼクティブスイートルームをはじめ、全客室にはテラスがつき、里山の風景越しに葛城山などが見晴らせる。吉野杉を一面に敷いた天井など、木の温もりに包まれたシンプルな空間は、まさに大人のための場所。

三輪山に耳成山(みみなしやま)、そして葛城山。『古事記』や『日本書紀』にもその名を記される山々に抱かれるように、大和平野が広がります。万葉人もこの景色を見ていたのかもしれない……。テラスに立つと、そんなロマンチックな想いを馳せてしまいます。

全9室のこのオーベルジュは、多彩な角度から奈良を楽しめる一軒。

奈良県立「なら食と農の魅力創造国際大学校」に併設され、2015年に開業、「ひらまつ」が指定管理者として運営を手がけます。オーベルジュが学生たちの実践カリキュラムの場となるなど、奈良のガストロノミー発展にも貢献する施設です。

また、先月発表された「ミシュランガイド奈良 2022」では、一つ星レストランとして掲載されました(2017年に続いて2度目)。

「オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井」の魅力を公式サイトでもっと詳しく>>

ホテルの核をなす料理を担うのは、小林達也シェフ。開業当初から欠かすことなく、奈良各地の生産者を訪ね歩き、地元の食材に広いアンテナを張り続けています。

「毎朝とれたての野菜を買って、その味を見るところから料理作りがスタートします。常に風味が異なるので、野菜に振り回される毎日ですね(笑)」。

奈良「オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井」で、悠久の時が紡いだまほろばにくつろぐ「アミューズはこの場所の名刺代わり。料理を通して、今の季節の桜井を感じていただければ」(小林シェフ)。“ガーデニング”と名づけられた夏のアミューズは、大和茶を練り込んだパイやグリッシーニ、三輪そうめんのフリット、大和まなを加えたパンと郷土料理「ゆうべし」のサンドイッチなど。

この地の風景を映した遊び心あるひと皿から、サプライズを秘めたり、豪快なテイスト溢れた料理まで。わくわくとしながらディナーコースを楽しむうちに、歴史だけに留まらない、奧深き奈良の魅力に改めて気づかされることでしょう。

Information

オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井

奈良県桜井市高家2217

TEL 0744(49)0880  
定休日 月曜・火曜
  • [基本料金]
    1室2名利用で1泊2食付き1名3万4085円~、ご紹介したエグゼクティブスイートルームは1室2名利用で1泊2食付き1名5万385円~(いずれも税・サービス料込み)

    ●レストラン
    ランチ12時~13時30分(LO)、ディナー18時~20時(LO) 月曜・火曜定休 ランチ8470円~、ディナー1万8150円~(いずれも税・サービス料込み)
    ※要予約

    URL:http://www.hiramatsuhotels.com/plaisance-sakurai/

2つの「ひらまつ」を巡る
「家庭画報ホッピングプラン」(2泊3日)

〈1日目〉「ザ・ひらまつ 京都」泊。
夕食と朝食は「割烹 いずみ」「リストランテ ラ・ルーチェ」からお好きに組み合わせ、京都の旬を京町家で堪能。

〈2日目〉「オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井」泊。
大和の美しい景色を眺めながら、シェフ渾身の奈良発フランス料理を。

家庭画報」読者特典
・京都:客室アップグレード(デラックスツイン→デラックスプレミア)
・奈良:食前酒にグラスシャンパンをサービス

対象期間
2022年6月6日(月)~ 7月31日(日)
(京都:7月16日、23日を除く)

京都:デラックスツイン2名1室夕朝食付1名5万4150円~
奈良:エグゼクティブスイート 同5万385円~/ツインルーム同3万4085 円~
(すべてサービス料込み)

※2軒の移動と交通費はプランに含まれません。

ご予約、お問い合わせはお電話にて

ザ・ひらまつ 京都
電話 075(211)1751(代表)

『家庭画報』2022年7月号掲載。この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

9月号 8月1日発売

次の九州は“美味しい”を訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading