国内

地理風水師・御堂龍児さんおすすめの琵琶湖のパワースポット「藤ヶ崎神社」

絶景の開運スポットへ 第15回(全23回) 地理風水師・御堂龍児(みどうりゅうじ)さんがすすめるパワースポットを中心に、その言葉を織り込みながら絶景を楽しみ、湯に浸かり、大地の恵みをいただく“開運旅”へ、ご案内します。前回の記事はこちら>>

開運の旅へ「琵琶湖」
希少な“古代湖”の恵みをいただく

竹生島長浜近江八幡

人々が親しみを込めて“うみ”と呼ぶ琵琶湖。滋賀県の6分の1の面積を占める雄大な湖は、古より人々の生活の礎となっています。独自の生態系を築く湖の幸、美しい水で育まれる地産食材、進化する発酵文化。琵琶湖の豊かな恵みをいただき、穏やかな水の力を五感で味わう。心と体にじんわりとエネルギーが満ちる旅に出かけましょう。

〔パワースポット〕藤ヶ崎神社(滋賀県近江八幡市)

藤ヶ崎神社(滋賀県近江八幡市)

平安初期の宮廷画家、巨勢金岡(こせのかなおか)がこの地を訪れた際、あまりの絶景に絵に描くことができず、筆を折ったとされる名勝。そこから「筆ヶ崎」と呼ばれていたのが変化して神社の名前となったともいわれる。

清涼な空気に満ちた湖岸の鳥居

大通りからは見えない少し奥まった湖岸に、「地元のかたが大切にし、大きな力を持つ」(御堂龍児さん)神社があります。湖を背にした岩場に祠がある藤ヶ崎神社(写真)と、人一人が入るのがやっとという岩の割れ目に祠がある藤ヶ崎龍神社で、ともにご祭神は水を司る龍神です。

名前の由来は、神社の建つ浜が藤原氏の藤をいただき、藤ヶ崎と称されたため。同じ町にある五社神社の宮司が代々4月の例祭を執り行い、氏子総代が御朱印を用意。町内外のボランティアが定期的に清掃をして守っているため、風水的にも大変いい状態が保たれています。参拝後は、その清々しい空気に浸ってください。

Information

藤ヶ崎神社  ふじがさきじんじゃ

滋賀県近江八幡市牧町2187付近

御堂龍児(みどう りゅうじ)

尋龍点穴(じんりゅうてんけつ)法ができる日本唯一の風水師として高い評価を受け、活動の場は台湾、中国の福州・深圳にまで広がる。「大自然の流れの中の風水」を信条に、本来的な開運法を紹介。主宰する山川哲学委員会では、四柱推命の伝授にも注力。『風水龍脈ツアー』(国書刊行会)など著書多数。


〔特集〕絶景の開運スポットへ

01 絶景の開運スポットへ

02 藤の名所「天王川公園」の花絶景

03 水仙の“花絶景”「びわ湖バレイ」

04 明石海峡と大阪湾の絶景「兵庫県立公園あわじ花さじき」

05 ポピーが色鮮やかに、力強く咲く「くじゅう花公園」

06 シャクヤクの花畑へ。約160種、2000株が咲く「手づくり村 鯉艸郷」

07 伊豆最古の宮「白濱神社」へ開運旅へ

08 峰温泉の歴史を刻む宿「玉峰館」(伊豆・河津)

09 龍脈につながる岬は、まさに伝説の龍そのもの!「石廊崎」

10 「伊豆」の開運旅のおすすめルート&お土産

11 じんわりとエネルギーが満ちる「琵琶湖」へ開運旅

12 「ロテル・デュ・ラク」絶景と、“湖北キュイジーヌ”を楽しむ

13 自由な感性で土地の美味を生かすイタリアン「ビワコラージュ」

14 多彩な琵琶湖の魚を堪能する、寿司割烹「ひさご寿し」

15 御堂龍児さんおすすめの琵琶湖のパワースポット「藤ヶ崎神社」


この特集の掲載号
『家庭画報』2022年6月号

『家庭画報』2022年6月号

取材協力/御堂龍児
撮影/本誌・坂本正行 取材・文/清水千佳子

『家庭画報』2022年6月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

【創刊777号記念】11月号 10月1日発売

家庭画報の手土産

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading