国内

【金沢発】朝7時の“モーニング寿司”が大人気!進化した金沢寿司を楽しむ

都通信
2月:現地で話題のグルメ

都(MIYAKO)通信とは… 今世界の都では何がHOTなの――?! 毎週木曜&金曜日は、東京・京都・金沢・パリ・NY・ハワイの6都市から、現地特派員が最旬ニュースをお届けします。

冬の兼六園

©石川県観光連盟

今話題の金沢寿司3軒を紹介します

(金沢特派員:直江磨美)

北陸新幹線開業以来、多くの人でにぎわう街・金沢ですが、「寿司」を目当てに訪れるという方も多いのではないでしょうか?

ここ数年で、新しいお寿司屋さんが急増し、ますます面白くなった金沢の寿司業界。今回は、王道をすでに堪能したという方でも大満足の今、話題の金沢寿司のお店や楽しみ方をお届けします。

珠玉の握り、小料理、ワインに地酒。多彩な寿司スタイルを愉しむ
「鮨 一誠」

金沢駅と近江町市場のちょうど中間ぐらいの安江町にある「鮨 一誠」。どちらからも徒歩で行ける距離で、近年飲食店が増えてきた話題のエリアにあります。古民家をリノベーションした店内は、L字型カウンターですっきりとしたしつらえ。座席からは厨房が見え、まるでカウンター割烹のような趣です。

同店では、東京の名店のみならず、フレンチや料理店などでも修業経験を持つご主人・国沢一誠さんが腕をふるう、ジャンルを超えた料理も名物です。おまかせコース(6800円~)は、フレンチ前菜からスタート。その後も、白子ぽん酢、さわらの自然薯和え、ばい貝の旨煮、このわたのせ茶わん蒸しなどの北陸の魚介を生かした料理が続き、後半に握りが始まります。

シャリは赤酢を使い、程よく細工した江戸前スタイル。ネタの個性に合わせて珠洲の塩をひとつまみふるなど、随所に技が効いています。お酒も、シャンパン、白ワイン、地酒などを豊富に揃えているので、前半のつまみの間はワイン、後半は日本酒などと、自分好みのスタイルでも楽しめます。

旬の小料理、握り、ワイン、地酒など、寿司をベースに幅広く金沢の味覚を堪能したい人にはもってこいの1軒です。

一誠 金沢 寿司

コース最初の前菜「かぼちゃのババロアとウニ だしジュレ」。

一誠 寿司 金沢

イカ墨の塩をまぶしたアオリイカ

一誠 寿司 金沢

赤酢のシャリと相性抜群の漬けまぐろ

鮨 一誠

石川県金沢市安江町12-28
電話 076(225)7680
営業時間 18時~23時
日曜定休(月曜が祝日の場合は日曜営業、月曜休み)

※価格は税抜き本体価格です。

家庭画報 最新号

2018年8月号 6月30日(土)発売!

軽井沢の魅力/いわさきちひろの世界

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading