国内

まるで美術館のよう! 北海道・千歳に誕生したアートフルな迎賓館「ポルトム インターナショナル 北海道」

アートに美食に温泉に。心おきなく浸りきる

近未来的な国際線ターミナルのコンコースを通るうちに、どこか違う世界に迷い込んでしまったのか……。そんな思いがよぎるほど、「ポルトム インターナショナル 北海道」はアートフルな感動に満ちたホテルです。

ポルトム インターナショナル 北海道2020年2月、新千歳空港国際線ターミナル上層階に開業。骨董からモダンまで常時450点の日本美術品が飾られる、美術館のようなホテルだ。3室のスイートルームは客室自体がアート。粋を尽くした数寄屋造りの和室広間を中心にした最高級の「数寄屋スイート」は250平方メートルの広さを誇る。スイートルームからの空港ビューも魅力的。

左官壁に『夷酋列像(いしゅうれつぞう)』がかかるロビー、ゲストサロンには伊藤若冲、吹き抜けには静かに光る染色インスタレーション。そんな静寂のパブリックスペースから一転、客室に入れば明るくモダンな空間に包まれ、窓の外には旅心を誘うビューが広がります。

すべての客室に『北斎漫画』が飾られているというのも、このホテルならでは。そして、スイートルームともなると、あたかも美術館のよう。スイートルームの各コンセプトに合わせ、江戸時代の器や浮世絵などが惜しげもなく飾られています。

ポルトム インターナショナル 北海道すべての客室に飾られている『北斎漫画』。これほど間近で見られるとは。

ポルトム インターナショナル 北海道檜の香り漂う「数寄屋スイート」の温泉。新千歳空港を離発着する飛行機を見ているだけでも飽きない。

「国際空港直結という立地から、ここで初めて日本文化に出会う海外のお客さまも多くいらっしゃいます。最初だからこそ“本物”に触れていただくことが大切だと思うのです」と、弓削泰浩宿泊支配人。

そんなホテルの姿勢は、「京都 下鴨茶寮 北のはなれ」「タテルヨシノ」と和洋の名店2軒があるところからも深く感じ取れます。妥協なく究められた本物を、心地よく軽やかに楽しみ、味わい、豊かな時間を過ごす――。これぞ、大人の休日です。

Information

ポルトム インターナショナル 北海道

北海道千歳市美々新千歳空港 国際線旅客ターミ ナルビル4階

  • URL:https://www.portom.jp/jp

    〔基本料金〕
    1室2名利用で1泊朝食付き1室4万4570円~、「数寄屋スイート」1室2名利用で1泊1室100万円(いずれもサービス料込み)。

    京都 下鴨茶寮 北のはなれ  
    電話:0123(45)6072
    営業時間:12時30分~13時30分(LO)、18時~19時(LO)
    昼7260円~、夜1万8150円~(いずれもサービス料込み)。

    タテルヨシノ ポルトム インターナショナル 北海道
    電話:0123(45)6071
    営業時間:6時~10時30分(LO)、12時~14時(LO)、18時~20時30分(LO)
    朝食4598円、昼6050円~、夜1万4520円~(いずれもサービス料込み)。

撮影/本誌・西山 航 取材・文/露木朋子

『家庭画報』2022年1月号掲載。この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

『家庭画報』2022年2月号

2月号 12月27日発売

心を癒す温泉宿

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading