国内

ヤマザキマリさん、京都の真ん中で“衝撃”の温泉体験!「HOTEL THE MITSUI KYOTO」へ

京都の醍醐味 第4回(全14回) 紅葉の美しい隠れ里の寺社、襲名展を控えた十六代樂 吉左衞門家、ラグジュアリーの中に伝統が息づく最新ホテル、伝統の味と新味が楽しめる料理店など、いつの日か訪れたい京都の“今”へご案内します。前回の記事はこちら>>

癒やしの滞在「HOTEL THE MITSUI KYOTO(ホテル ザ ミツイ キョウト)」

二条城に程近い、三井総領家ゆかりの地に2020年秋オープンした「HOTELTHE MITSUI KYOTO」。受け継がれる伝統文化や日本の美意識がモダンに表現され、心地いい空間を創り出しています。

癒やしの滞在 HOTEL THE MITSUI KYOTO

地下約1000メートルから湧き出る天然温泉水を活用したサーマルスプリング。38度に保たれた天然温泉のプールは水着を着用して利用。水と石が織りなす静謐な空間には、水音だけがかすかに響く。出世作『テルマエ・ロマエ』を挙げるまでもなく、お風呂好きを自認するヤマザキさんも未知の癒やしを実感。

「まさか京都のど真ん中でこんな温泉体験ができるとは。“現代のテルマエ”は衝撃でした」ヤマザキマリさん

癒やしの滞在 HOTEL THE MITSUI KYOTO

ラウンジの窓は気温が穏やかな日には全開放され、眼前に広がる庭園と一体化したような感覚が味わえる。水面の先には、秋は紅葉、春は枝垂桜が。四季の彩りに酔いしれる。

開放感溢れるラウンジから庭園を見晴らしながら、ヤマザキさん、「アジアの名だたる最高級リゾートと肩を並べる、これほどにクオリティの高いホテルが遂に京都にも登場したんですね」と、思わず感嘆の声を上げます。

「斬新な発想でとても新しいものを創っているのに、京都の持つ厳かさを何も壊していない。しっくりと溶け込んでいるところがすごいと思います」

京都という町を尊重する精神が随所に感じられますね

癒やしの滞在 HOTEL THE MITSUI KYOTO

「茶居」は、新しい茶の湯文化を発信するために設えられた現代の茶室。監修は武者小路千家家元後嗣・千 宗屋氏。

京都に息づく厳かさ、それは、時空に流されない場所を守ろうとする人々の尊重や誇り高さと結びつくもの。

「だからこそ京都という町は、表面はどんなに観光客の目にこすられ、かたどられようとも、軸は絶対にぶれない。裏側にちゃんと実質的な町の形を保っているのだと思います」

新たに出会ったホテルで得たのは、揺るぎない確信でした。

癒やしの滞在 HOTEL THE MITSUI KYOTO

レストラン「都季-TOKI-」では、フランス料理と日本料理が融合した美食に出合える。手前はさんまと赤パプリカとトマトのテリーヌ。奥は牛いちぼのステーキ。

下のフォトギャラリーから詳しくご覧いただけます。

Information

HOTEL THE MITSUI KYOTO
(ホテル ザ ミツイ キョウト)

京都市中京区油小路通二条下ル二条油小路町284

  • 1室11万1300円〜(朝食付き、サービス料込み)。ご紹介したニジョウスイートは1室25万6700円(朝食付き、サービス料込み)。1周年記念の特別プランを予定。詳細はホテルにお問い合わせください。

ヤマザキマリ/Mari Yamazaki


1967年東京都出身。84年にイタリアへ渡り、フィレンツェの国立アカデミア美術学院で美術史・油絵を専攻。2010年漫画作品『テルマエ・ロマエ』で一躍時の人に。以降も漫画、エッセイなど著書多数。近著は『ムスコ物語』。


〔特集〕京都の醍醐味

01 樂家十六代 吉左衞門 襲名記念。一子相伝 受け継がれる伝統

02 ヤマザキマリさんが訪れる京都・大覚寺

03 京都「亀屋則克」“秋の和菓子”で口福時間

04 ヤマザキマリさんと「HOTEL THE MITSUI KYOTO」へ

05 渡月橋を眺めながら「デュカス・パリ」の朝食を「MUNI KYOTO」

06 2021年9月開業!鷹峯の頂を望む「ロク キョウト」

07 京都をラグジュアリーに楽しむ「ザ・ホテル青龍 京都清水」

08 2021年10月14日オープン!わずか4室の日本型ホテル「眞松庵」

09 京都の絶品「栗スイーツ」8選

10 ニューヨークから京都へ。「月おか」で秋の美味を堪能

11 京都「研覃ほりべ」で感じる“おいしい”秋

12 京都の“今”へご案内。「近また」、「日本料理 研野」

13 「京ぎをん 浜作」日本で最も参加困難ともいわれる、特別料理教室へ

14 紅葉が彩る京都。日本画のように美しい、隠れ里の寺院へ


この特集の掲載号
『家庭画報』2021年11月号

『家庭画報』2021年11月号

撮影/本誌・坂本正行 スタイリング/平澤雅佐恵 ヘア&メイク/田光一恵〈TRUE〉 取材・文/河合映江

ヤマザキさん衣装:ジャンプスーツ39万6000円 バッグ14万8500円/ともにジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

※営業時間や定休日は状況により変更になる場合があります。宿泊料金はシーズンの最低料金です。料理は食材の都合により内容が変更になる場合があります。表示されている料金には別途宿泊税、入湯税、サービス料等がかかる場合があります。

『家庭画報』2021年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

『家庭画報』2022年2月号

2月号 12月27日発売

心を癒す温泉宿

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading