国内

葉山に建つ有形文化財「加地邸」が一棟貸しの宿泊施設に

EDITOR’S REPORT 編集部員が街に溢れる情報の中から読者の皆さまに役立つものを厳選して紹介します。新しくオープンしたレストランやショップ、アイディアが光る新商品など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報をお届けします。記事一覧はこちら>>

自然豊かな葉山に建つ、フランク・ロイド・ライトの愛弟子の遠藤 新氏が設計した「加地邸」。

この度、隈 研吾氏に師事した神谷修平氏により保存改修され宿泊施設として生まれ変わりました。

加地邸

築90年を超える木造2階建ての建物は、周囲の緑になじむ建築様式や大谷石の柱など、随所に名建築の意匠を残しつつ、外観を美しく補修。

加地邸

ダイニングルームに隣接するテラス

相模湾が一望できるダイニングルームに隣接するテラスは大改修され、暖炉を囲む憩いの場に。地下の浴室や寝室3部屋なども新設。

Information

加地邸

神奈川県三浦郡葉山町一色1706

  • 宿泊可能人数6名。料金2泊42万9000円~、3泊47万6190円~。

表示価格はすべて税込みです。

『家庭画報』2021年5月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

魅惑の「豪邸」拝見

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading