海外

自然の洞窟と共栄する断崖の上の街「ポリニャーノ・ア・マーレ」

「心に響くイタリアの絶景」第5回(全7回) 初めてイタリアを訪れたとき、だれもが衝撃を受けたのではないでしょうか。栄華を誇ったローマ帝国時代からの歴史的建造物、ルネサンス発祥の地ならではの芸術文化、ダイナミックな自然とそこに共存する小さな村と人々の営み……。一度目にしたら忘れられない、ふたたび訪れることを思い願う、イタリアのとっておきの“絶景”へご案内します。前回の記事はこちら>>

自然の洞窟と共栄する断崖の上の街

ポリニャーノ・ア・マーレ

ポリニャーノ・ア・マーレ
写真/aflo

南イタリア、バーリから車や鉄道で約30分。ポリニャーノ・ア・マーレは、紺碧のアドリア海に面した、断崖絶壁の上にある美しい街。崖には波の侵食による洞窟が点在し、そのひとつがレストランになっている。

波打ち際にあり、夏だけ営業する「リストランテ・グロッタ・パラッツェーゼ」は、イタリア人にとっても憧れの場。奥の鍾乳洞はキャンドルが灯され、絶景&ロマンティックなムードが満喫できる。

『家庭画報』2020年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

家庭画報 最新号

2021年1月号 12月1日発売

しあわせ満ちる開運の地へ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading