海外

モナコが取り組む、未来の環境を守るための活動とは

モナコ公国 華麗なる舞踏会へ 第6回(最終回) あらゆるラグジュアリーが凝縮したモナコ。7月最後の週末の夜にはその煌めきが最高潮に達します。ロングドレスで着飾った淑女がブラックタイの紳士にエスコートされて集う「モナコ赤十字舞踏会」。71年の伝統を持つ夢の舞台へとご案内します。前回の記事はこちら>>

2030年までに温室効果ガス排出量を1990年時の半分に削減するなど、具体的な目標を掲げて「あらゆる側面で世界の規範となりうる国をつくる」という大公の夢を叶えつつあるモナコ。新しい時代の真のラグジュアリーを志す前向きなエネルギーに満ちています。

公道の街路樹で造るモナコならではのリキュール

公道の街路樹で造るモナコならではのリキュール

「カジノや高級ホテルで有名になる前の時代、モナコには柑橘類がたくさん実っていたんです」と語るフィリップ・クラッツォさん。

モナコの新しい名物になるものを作りたいと、まずは歴史を紐解くことから始め、構想を温めること7年。公道のオレンジの樹の実りをおいしいリキュールとして商品化することに成功しました。

2017年、モナコ初の蒸留所のオープンには大公も臨席。2万8000個のオレンジを一つ一つ手で洗い、皮の成分から抽出した100パーセントメイドインモナコのリキュールは、高級ホテルのバーのカクテルにも使われ好評です。

フィリップ・クラッツォさん

フィリップ・クラッツォさん
一方で果汁を使い、3年ねかせた蒸留酒は来年リリース予定。オレンジに次いで、モナコの国の木として親しまれているキャロブ(イナゴマメ)を材料にしたリキュールも来年秋の発表を目標に製作中。

オランジュリー
L’Orangeri

住所:9 Rue de la Turbie
TEL:(+377)99 90 43 38
定休日:土曜・日曜
http://orangerie.mc/

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年11月号 10月1日(火)発売

「赤坂」の魅力をたずねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading