海外

インドネシア「フローレス島」に新たに生まれた5つ星の秘境リゾートとは?

手つかずの自然と絶景を眺める
島巡りにお薦めのリゾート
「アヤナ コモド リゾート ワエチチュ ビーチ」

2019年のゴールデンウィークは10連休! ロングバケーションとして海外旅行へ行く人が例年以上に増えそうです。まだ行ったことがないリゾートエリアをお探しの方にお勧めしたいのが、インドネシアのフローレス島。

バリ島から約1時間半、ジャカルタからは約2時間半のフライトですが、これまで大型ラグジュアリーホテルがなかったため、日本人にはまだあまり知られていないエリアでした。

そんな知る人ぞ知る島に2018年9月、新たにインドネシアの5つ星高級リゾートとして日本人になじみの深い「アヤナリゾート」グループが「アヤナ コモド リゾート ワエチチュ ビーチ」をオープン。

秘境の隠れ家として注目を浴びそうなこのホテルリゾートは、大自然に囲まれた、青く透き通ったビーチに面した立地で、スイートルームを含む全205室のオーシャンビューの絶景が魅力!

また新鮮なシーフードをふんだんに取り入れたメニューのグリルレストランから本格的な和食レストランまで計7か所の充実したレストラン&バーやスパの施設も充実しています。

フローレス島の海は、美しいサンゴ礁や透明度の高い水質でダイバーから人気のエリアでしたが、この島にとって初めてのラグジュアリーホテルがオープンしたことで今後、注目を浴びそうです。

ホテルから様々なタイプの船やボートがチャーターできるので、日帰りでコモド島&リンチャ島など近隣の島へ足を延ばし、アイランドホッピングを自由に楽しむことも可能です。

コモド島には、打ち上げられた赤いサンゴのかけらで形成された「ピンクビーチ」の絶景が。また、ユネスコ世界遺産に登録されたコモド国立公園では、現代の恐竜と称される「コモドドラゴン」という希少な生物が見られます。

PT.Prima Nusa Bahari社運航による「アヤナ ラコ ディア号」は、ユネスコ無形文化遺産に登録された伝統的なピニシ帆船の造船工法によって造られています。クラシックな外観にラグジュアリーな内部で全室スイートルーム。

周囲の海域を宿泊しながら巡るクルージングプランも用意されています。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年2月1日(金)発売

心弾む日本の極上ホテル 『家庭画報』2019年3月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading