海外

観光の都パリでホテルの大改装&オープンラッシュ! トレンドは「地下」にあり?!

都通信
話題のホテル・宿泊施設

オテル・ルテシア 外観

「オテル・ルテシア」の外観。

オープンしたて!観光の都パリで大注目のホテル3軒

(パリ特派員:大島 泉)

2024年のオリンピック開催も決まったパリ。数年来のテロの悲しい影も薄れ、「世界一の観光都市」としてどんどん脱皮を続けています。

老舗ホテルも大改装のラッシュが到来。今年改装オープンしたばかりのホテルの中から、現在のパリのトレンドである、地下にプールとサウナを設けた、居心地の良いホテルを3軒をご紹介します。

1 オテル・ルテシア

オテル ルテシア ロビー

フランスのアーティスト、ファブリス・ディヴェイールの天井画が施された、「サロン・サン・ジェルマン」。

4年の沈黙を破り、満を持してオープン

何といってもこの夏のパリの話題は、4年もの間閉まっていたルテシアのオープンです。

右岸のパラスホテルである、クリヨンやリッツのリニューアルに続いて、この7月に、左岸の歴史的ホテル「オテル・ルテシア」が、大工事を経て、華麗に扉を開きました。

左岸のエスプリが宿るホテル

1910年に、デパート「ボン・マルシェ」のオーナーによって、顧客や取引先の宿泊用に建てられたオテル・ルテシア。大切なゲストのためのホテルとあって、アールヌーヴォーの優美なシルエットと、アールデコのスタイリッシュなディテールが共存するデザインで、当時の最新の技術が駆使されていました。

ルテシア マーク

ホテル外壁にモザイクで描かれた紋章。

パリの起源である、ガロ・ローマ時代の名称「リュテス」から「ルテシア」と名づけられ、パリ市の標語である「たゆたえども沈まず」という船の描かれた紋章が、ホテルのシンボルとなり、モザイクや石細工などがあちこちにあしらわれました。

ルテシア エントランス 外観

ラスパイユ大通りに面したエントランス。

左岸の知識人、アーティストが集うホテルとして、またブラッスリーとして唯一無二の存在となったルテシアですが、第2次世界大戦直後には、強制収容所からの生還者たちが家族を探す拠点となったこともあります。 70年代には、ソニア・リキエルの手によってインテリアの手直しがなされ、サンジェルマン・デプレのシンボル的ホテルであり続けてきました。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 12月1日(土)

3種同時発売!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading