花旅・庭めぐり

まるで名画。はままつフラワーパークで出会う 息を飲むほど美しいフジ

旬を愛でる花旅・庭めぐりとは…毎週水曜日は、ガーデニングエディターの高梨さゆみさんが“今が旬”の花の名所情報をお届け。今回は春の花々と美しいフジが見事な景色を生み出すガーデン「はままつフラワーパーク」をご紹介します。

旬を愛でる花旅・庭めぐり(31)フジと旬の花々が描く美しい名画のような庭に出会う〜静岡・はままつフラワーパーク

はままつフラワーパークに咲くフジ

フジの長い花穂が何本も垂れるその先に、初夏の花々が咲き誇るこの景色は、息を呑むほど新鮮で美しい。魅力的すぎて何度も通いたくなる。

2人の女性園芸家のコラボがパワフルすぎるほど魅力的

「はままつフラワーパークに行かなくては。これはマスト!」と、私が思った理由が2つあります。

ひとつは群馬県にある「あしかがフラワーパーク」をフジで世界的に有名にした園長・塚本こなみさんが、2013年から「はままつフラワーパーク」の理事長に就任し、ここでもフジの栽培に尽力していらっしゃること。

そしてもうひとつは、センスのよさ抜群の英国園芸研究家・吉谷桂子さんが、2014年から150mのダブルボーダーガーデン「スマイルガーデン」のプロデュースを担当されたこと。

どちらかひとつでもガーデン好きな方には十分魅力的な理由だと思いますが、その理由を一度に確認できるのが、フジが開花する4月下旬~5月上旬です。

ダブルボーダーガーデンには春〜初夏の花々が咲き揃い、美しい色彩の情景を描き、視線を上に向けると150mにも連なるフジ棚に紫と白の長い花房が見事に咲き誇っています。

目に映るすべての世界が花で埋まる、その密度の濃い美しさに驚きとときめきを感じ、その場に佇む時間の幸福感は、なかなか味わえないものだと思います。

はままつフラワーパーク
5月中旬からバラが開花。シュラブローズの品種も豊富に揃う。大きな花がたくさん咲くとまるでブーケのような美しさ。

「はままつフラワーパーク」は、春の世界一美しい「桜とチューリップの庭園」をはじめ、5月のバラ、6月のアジサイ、ハナショウブなど旬の見所がたくさんあるのですが、もし初めて訪ねるなら、まずはフジとダブルボーダーガーデンの花々が共演する時期を選ぶのがおすすめです。

この景色を一度見たら、もっともっとこのガーデンのことを知りたくなるのではないかと思います。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年1月号 12月1日発売

しあわせ満ちる開運の地へ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading