花旅・庭めぐり

チョコレートの香りがほのかに。秋によく似合うシックな花色「チョコレートコスモス」

365日 花散歩に出かけよう 日々、何気なく歩く道や街で出会う花や花木の名前がわかれば、もっと散歩が楽しくなります。ガーデニングエディターの高梨さゆみさんが、季節の花や花木を毎日紹介。住宅街でも見つかる身近な植物や、人気の園芸品種もピックアップ。栽培のコツも紹介します。一覧はこちら>>

チョコレートコスモス

チョコレートコスモス
散歩道で見つけたチョコレートコスモス。黒みがかったシックな赤の花色がしゃれていて、たった2輪でも見つけるとうれしくなります。

■属科・タイプ:キク科の宿根草
■花期:5月〜11月
■草丈:30〜70cm

秋によく似合うシックな花色に心惹かれます

名前どおり、チョコレートを思わせる色の花を咲かせるだけでなく、ほのかにチョコレートの香りもするコスモスです。ただ、最近ではチョコレートコスモスの原種であるコスモス・アトロサンギネウスとキバナコスモスとの交配から、赤系の園芸品種も誕生し、なかには香りをもたないものもあります。

秋の爽やかな空気に似合う、透明感のあるピンクや白のコスモスとは異なり、チョコレートコスモスは赤花も含め、少し黒を含んだ大人っぽい花色です。

シックな花色は花壇を落ち着いた印象にする効果があり、観光ガーデンでもよく利用されます。また、切り花では初夏から冬まで長い期間出回り、こちらもブーケやアレンジのアクセントによく使われています。

もう一つ、コスモスと異なる点があります。コスモスは毎年タネから育つ一年草ですが、チョコレートコスモスは宿根草。温暖地では冬季は地上部を枯らしますが、地中には球根が残り、春にまた芽吹いてきます。耐寒性がやや弱いので、寒冷地では株元をマルチングするなどの防寒対策が必要です。

ダリアや秋バラが咲くこの時期、華やかな色彩が目立つなかで、チョコレートコスモスのシックな花色にぐっと心惹かれる方も多いと思います。散歩道で咲くチョコレートコスモスをぜひ探してみてください。

チョコレートコスモス
ピンクや白のコスモスに交じって咲くチョコレートコスモス。黒っぽい花色が群生の引き締め役になっています。花サイズは普通のコスモスより少し小さめです。

栽培の難易度

栽培の難易度 ★★☆☆☆

チョコレートコスモスはタネが取れないため、春〜初夏、または初秋に出回る苗を入手して育てます。日当たりがよく、風通しのよい場所に植えつけます。植えつけの際に元肥を施し、花が一段落したタイミングで緩効性肥料を追肥します。4月〜11月は、土が乾いたらたっぷりと水やりします。冬季は地上部がなくなりますが、土中の球根が完全に乾くと枯れてしまうので、土が乾いてきたら忘れずに水やりを。草姿が乱れてきたら、8月に株元から20cmくらい残して切り戻すと、秋にはコンパクトな株になり、花つきもよくなります。

【難易度】
★ 容易・初心者向け
★★ 標準・初級〜中級者向け
★★★ 少し難しい・中級〜上級者向け
★★★★ 難しい・上級者向け
★★★★★ 栽培環境が限られる

高梨さゆみ/Sayumi Takanashi

イギリス訪問時にガーデニングの魅力に触れて以来、雑誌や本などで家庭の小さな庭やベランダでも楽しめるガーデニングのノウハウを紹介。日本、イギリスの庭を訪ね歩くほか、植物の生産現場でも取材を重ねる。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading