花旅・庭めぐり

これもコスモス!?と驚く新品種も。今がピーク! 秋を感じる花の魅力を再発見

365日 花散歩に出かけよう 日々、何気なく歩く道や街で出会う花や花木の名前がわかれば、もっと散歩が楽しくなります。ガーデニングエディターの高梨さゆみさんが、季節の花や花木を毎日紹介。住宅街でも見つかる身近な植物や、人気の園芸品種もピックアップ。栽培のコツも紹介します。一覧はこちら>>

コスモス

コスモス
秋になると一度は見たくなるコスモスの群生。爽やかで軽やかな花が澄み渡る秋の青空によく似合います。これはコスモスの名所などでよく利用される早咲きタイプの‘センセーション’という品種。

■属科・タイプ:キク科の一年草
■花期:6月〜11月
■草丈:50〜120cm

‘カップケーキ’。これもコスモス!?と驚く花形です

すっきりとした一重の花形で、花色は白とピンク。そんなこれまでの概念が覆されるほど、最近のコスモスはバラエティ豊かになっています。

キバナコスモスとは別に、コスモスに黄色の品種が登場した時点でかなり驚きましたが、‘カップケーキ’の登場にはさすがに「えっ?これ本当にコスモスなんですか?」と問いたくなるほどびっくりしました。だって、すべての花弁が結合してきれいなカップ状になっているんですよ。

長野県にあるガーデンのガーデナーさん曰く「この時期は‘カップケーキ’が見たくていらっしゃるお客さまも多いんですよ」というくらい注目されています。希少品種というわけではなく、普通にタネや苗を入手できるので、個人邸でも咲かせているお宅があると思います。

コスモス
きれいなカップ状になる‘カップケーキ’の白花。ごく淡いピンクもあります。実際に咲いている姿を見てみたくなるでしょう!

花弁に注目すれば、半八重や八重のボリューム感のある‘ダブルクリック’シリーズや、花弁がくるりと内側に巻いた‘シーシェル’シリーズも個性的で、デビュー当時は話題になりましたが、すっかり定番化して観光ガーデンだけでなく、個人邸でも楽しんでいるのをよく見かけます。

一方で個性的な新しいコスモスを楽しみつつも、やはり高原を彩るピンクや白の定番コスモスの楚々とした草姿も魅力的で、秋という季節をストレートに感じさせるコスモスは素敵な花だと改めて感じます。ちょうど各地のコスモスの名所もピークを迎える頃です。ご近所だけでなく、少し遠出の花散歩でコスモスをご堪能ください。

栽培の難易度

栽培の難易度 ★☆☆☆☆

最近のコスモスは早咲き種が多く、4月にタネまきすると6月に開花します。早咲き種は7月までの間に、咲かせたい時期に合わせてタネまきできます。7月にタネまきすると開花は10月〜11月になります。秋咲き種は早くタネまきしても夜の長さが一定以上にならないと開花しません。早咲き種も秋咲き種も、4月〜6月にタネをまくと草丈が高くなり、7月〜8月にまくと草丈が短めになります。どの時期にどれくらいの草丈で咲かせたいかを考慮して、品種選び、タネまき時期、苗の入手時期を決めてください。日当たり、風通しのよい場所に植えつけ、元肥を初めに施しておけば、その後の追肥は必要ありません。生育途中で摘心を何度か繰り返すと、草丈が高くなりすぎるのを防げます。

【難易度】
★ 容易・初心者向け
★★ 標準・初級〜中級者向け
★★★ 少し難しい・中級〜上級者向け
★★★★ 難しい・上級者向け
★★★★★ 栽培環境が限られる

高梨さゆみ/Sayumi Takanashi

イギリス訪問時にガーデニングの魅力に触れて以来、雑誌や本などで家庭の小さな庭やベランダでも楽しめるガーデニングのノウハウを紹介。日本、イギリスの庭を訪ね歩くほか、植物の生産現場でも取材を重ねる。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading