花旅・庭めぐり

かわいらしくて暑さが大好き! 力強く咲く、夏の花壇の定番花「ニチニチソウ」

365日 花散歩に出かけよう 日々、何気なく歩く道や街で出会う花や花木の名前がわかれば、もっと散歩が楽しくなります。ガーデニングエディターの高梨さゆみさんが、季節の花や花木を毎日紹介。住宅街でも見つかる身近な植物や、人気の園芸品種もピックアップ。栽培のコツも紹介します。一覧はこちら>>

ニチニチソウ

ニチニチソウ

まっ白い花弁に濃いピンクの目がすっきりとかわいらしい。‘エクエイター ホワイトアイ’という人気品種です。

■属科・タイプ:キョウチクトウ科の一年草
■花期:5月〜11月
■草丈:10〜80cm

健気に見えて、実は暑さが大好きな花です

毎日次から次へと花が咲くから「日々草」。夏の花壇の定番花として長く親しまれている花です。マダガスカルを中心とする亜熱帯~熱帯が原産地なので、とにかく暑さに強いのが特長です。ただし、寒さは苦手なので、原産地では宿根しますが、日本では一年草扱いとなります。真夏の日差しを受けても咲き続ける小さな花を見かけると「がんばれ!」と応援したくなります。初夏から咲き始め、秋まで咲き続けるパワフルな持続力も魅力で、その健気な印象に似合わぬ力強さをもった花だと実感します。

かつては白、ピンク、赤の花色が定番でしたが、最近ではオレンジ色や紫色、またピンクでもごく淡い色からビビッド系まで豊富に出回るようになりました。花形も改良が進んで、丸みのある一般的な花形以外に、風車のような花形、花弁の縁がギザギザになる入るフリンジ咲きなど、魅力的な品種が登場しています。

近所を散歩しているだけでも、外周りの花壇にニチニチソウが咲いているのをよく見かけますが、ときどき「あれ? これはニチニチソウ?」と迷うこともあります。ちょうど同じ時期に咲くインパチェンスとよく似ているんです。インパチェンスはツリフネソウ科ですから、まったく異なる花ですが、見分けがつかないときには葉をチェックしてみてください。ニチニチソウの葉は美しい照り葉。一方、インパチェンスの葉はつやがなく、縁にギザギザがあります。花にも違いがあるのですが、葉で見分けるのが一番わかりやすいと思います。

栽培の難易度

栽培の難易度 ★☆☆☆☆

暑さに強く、乾燥にも強い丈夫な性質です。ただ、湿っぽい環境は嫌うので、日当たりがよく、風通しのよい場所を選んで植えます。ニチニチソウの根は直根性で、ほとんど枝分かれせずに太い根がまっすぐに伸びます。この根は再生しにくく、傷つけると大きなダメージとなってしまいます。植えつける際には根をほぐしたりせず、そっと扱うように注意してください。

【難易度】
★ 容易・初心者向け
★★ 標準・初級〜中級者向け
★★★ 少し難しい・中級〜上級者向け
★★★★ 難しい ・上級者向け
★★★★★ 栽培環境が限られる

高梨さゆみ/Sayumi Takanashi

イギリス訪問時にガーデニングの魅力に触れて以来、雑誌や本などで家庭の小さな庭やベランダでも楽しめるガーデニングのノウハウを紹介。日本、イギリスの庭を訪ね歩くほか、植物の生産現場でも取材を重ねる。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

【創刊777号記念】11月号 10月1日発売

家庭画報の手土産

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading