花旅・庭めぐり

星型の花がかわいらしい「ニコチアナ」はどんな花? 名前の由来や栽培のコツ

365日 花散歩に出かけよう 日々、何気なく歩く道や街で出会う花や花木の名前がわかれば、もっと散歩が楽しくなります。ガーデニングエディターの高梨さゆみさんが、季節の花や花木を毎日紹介。住宅街でも見つかる身近な植物や、人気の園芸品種もピックアップ。栽培のコツも紹介します。一覧はこちら>>

ニコチアナ

ニコチアナ

筒状の基部の先端に星形の花を咲かせるニコチアナ。暑さに強い性質で、夏の花壇でも花を咲かせ続けています。

■属科・タイプ:ナス科の一年草
■花期:5月〜10月
■草丈:30〜100cm

星形の花がかわいらしいハナタバコです

初夏から花が咲き始めることもあり、ニコチアナは夏の花という印象があまりありませんが、じつは耐暑性が強く、真夏でも花が咲いているのをよく見かけます。花名からわかるようにニコチアナは葉にニコチンを含み、タバコの原料となる植物です。だたし、観賞用として利用されるものはハナタバコとして区別され、「たばこ専売法」でも栽培が可能とされていますのでご安心を。

基部が長い筒状になっていて、その先端に少し丸みのある星形の花を咲かせるさまはとてもかわいらしく、見つけると近づいてその花を愛でたくなります。また、園芸品種は花色も豊富で、白、淡い緑、赤、ピンクなどがありますが、そのどれもが落ち着いた色合いで優しい雰囲気を感じさせるのもニコチアナの魅力だと思います。

ニコチアナをよく利用しているガーデナーさんにその理由を伺ってみると、他の花と一緒に植えると、丸い花形が多いなかでニコチアナの基部の筒状がよく目立ち、花壇の表情に変化がつくのだそうです。たしかに筒の長さがよく目立ち、そのラインは他の花にはない魅力ですね。タネからでも比較的容易に栽培できるので、ご自宅の庭でもぜひ花を咲かせて楽しんでください。

なお、ニコチアナの園芸品種のほとんどは、耐寒性があまり強くないので一年草として扱われますが、暖地では冬越しすることもあります。また、別種で宿根タイプのニコチアナも出回ります。

栽培の難易度

栽培の難易度 ★☆☆☆☆

タネから栽培する場合は3月〜5月がタネまき適期です。日当たり、風通しのよい場所に植え付けると花がよく咲き続けます。終わった花がらはこまめに摘み取り、夏に株姿が乱れてきたら一度株元で切り戻すと、秋にまた花が咲いてくれます。

【難易度】
★ 容易・初心者向け
★★ 標準・初級〜中級者向け
★★★ 少し難しい・中級〜上級者向け
★★★★ 難しい ・上級者向け
★★★★★ 栽培環境が限られる

高梨さゆみ/Sayumi Takanashi

イギリス訪問時にガーデニングの魅力に触れて以来、雑誌や本などで家庭の小さな庭やベランダでも楽しめるガーデニングのノウハウを紹介。日本、イギリスの庭を訪ね歩くほか、植物の生産現場でも取材を重ねる。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

【創刊777号記念】11月号 10月1日発売

家庭画報の手土産

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading