花旅・庭めぐり

よく見かけるのに花名は知られていないかも…「メランポジウム」はどんな花?

365日 花散歩に出かけよう 日々、何気なく歩く道や街で出会う花や花木の名前がわかれば、もっと散歩が楽しくなります。ガーデニングエディターの高梨さゆみさんが、季節の花や花木を毎日紹介。住宅街でも見つかる身近な植物や、人気の園芸品種もピックアップ。栽培のコツも紹介します。一覧はこちら>>

メランポジウム

メランポジウム

花心まで明るい黄色のメランポジウム。花径3cm程度という小ささがかわいらしさの理由。

■属科・タイプ:キク科の一年草
■花期:4月〜11月
■草丈:20〜80cm

よく見かけるおなじみの花なのに、意外に花名は知られていない?

前回から引き続き、真夏に咲く黄色の花を紹介しましょう。かわいらしい黄色の小花をたくさん咲かせるメランポジウムです。よく公園などの花壇で咲いているので、見かけている可能性大ですが、その花名を知らない方も多いのではないでしょうか。4月から咲き出し、晩秋まで続くという開花の持続性が大きな魅力ですが、「いつ見ても咲いているから…」と、あらためてじっくり見る機会を先延ばしにされているような印象もあります。メランポジウムの黄色の花、本当にかわいらしいので、ぜひ近づいて愛でてみてくださいね。

メキシコから中央アメリカ原産ですが、日本の高温多湿にも強いというのはとても魅力的で、痩せ地でもよく育つため施肥の必要もありません。さらに、花が終わるとその花がらを多い隠すように新しい花が咲き出すというセルフクリーニングの性質を持つため、花がら摘みをしなくてもきれいな状態に保つことができます。これほど手がかからない花も珍しく、公共の花壇でよく利用されるのも納得です。

メランポジウムは葉色が明るい黄緑色のため、黄色の花がたくさん咲くと株全体がとても明るく、軽やかな印象を与えます。ジニアの仲間によく似た黄色の小花がありますが、そちらは葉が少しシックな色合いなので、葉形もスマート。葉を見て見分けてみてください。

栽培の難易度

栽培の難易度 ★☆☆☆☆

日当たり、風通しのよい場所に植えれば、ほとんど手がかからず放任で栽培できます。株が大きく育つので、植えつけ時の株間は30cmほどにします。セルフクリーニング(上の解説参照)の性質があるので、終わった花がらも摘まなくてOKです。病害虫の心配もほとんどなく、丈夫で育てやすい一年草です。

【難易度】
★ 容易・初心者向け
★★ 標準・初級〜中級者向け
★★★ 少し難しい・中級〜上級者向け
★★★★ 難しい ・上級者向け
★★★★★ 栽培環境が限られる

高梨さゆみ/Sayumi Takanashi

イギリス訪問時にガーデニングの魅力に触れて以来、雑誌や本などで家庭の小さな庭やベランダでも楽しめるガーデニングのノウハウを紹介。日本、イギリスの庭を訪ね歩くほか、植物の生産現場でも取材を重ねる。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

9月号 8月1日発売

次の九州は“美味しい”を訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading