国内

榛名山の西麓で無農薬・無化学肥料で作られる食用ほおずき「ケープグーズベリー」

都道府県のスペシャリテ 「群馬県」

南米が原産のケープグーズベリー。レストランからのニーズも高い。

ビタミンや鉄分が豊富に含まれ、機能性野菜、健康維持食品として注目を集めている食用ほおずき「ケープグーズベリー」。南国フルーツを思わせるエキゾチックな香りと、心地よく溶け合う甘みと酸味、そのおいしさもあって女性を中心に人気です。

 

群馬県高崎市に移住し、無農薬・無化学肥料の露地栽培での農業を始めて7年目。「記憶に残る野菜づくり」を目指して日々奮闘する森夫妻。

このケープグーズベリーを熱い志をもって栽培する若いご夫妻に出会いました。群馬県高崎市、榛名山の西麓に位置する標高600~900メートルの倉渕地区で無農薬・無化学肥料の露地栽培に取り組む森 清和さん、有理さんご夫妻。お二人とも東京での異業種からの就農かつ移住組です。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年12月号 10月30日発売

美味の「お取り寄せ」を極める

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading