海外

はじめまして、料理研究家のりんひろこです。

幸せな食事のために欠かせないこととは? 

バークレーにある最も予約の取りにくいオーガニックレストラン「シェパニース」。 

「シェパニース」を運営するアリス・ウォータースは幸せで豊かな食生活を送るためには、次の9つのことが大切だといいます。 

1)地元の持続可能(サステイナブル)な

2)旬のものを食べ、

3)ファーマーズ・マーケットで買い物をし、

4)庭に食べられる植物を植え、

5)資源は浪費せず大切にして、コンポストやリサイクルでゴミを少なくし、

6)シンプルに料理し、

7)みんなで一緒に料理して、

8)みんなで一緒に食べ、

9)食べ物を大切にする心を忘れずに。 

「シェパニース」の名物「ガーデンレタスサラダ」。新鮮な葉物野菜をシンプルにビネガーとオイルで和えてある。 

「シェパニース」店内。平日のランチでも常に満席。

オーガニックって何だろう? 

日本でも最近は“オーガニック”という言葉を聞くようになってきましたが、「無農薬」で「体によさそう」という漠然としたイメージしかわかないという人も多いかもしれません。でも、アリスの9つの料理原則にもあるように、世界での“オーガニック”のとらえ方は、単に自分の健康面への配慮だけでなく、もっと地球環境に配慮し、永続可能(サステイナブル)な社会を作っていこうとする、マクロな考え方の中にあるように感じました。 

世界の食トレンドのキーワード 

このアリスの9つの料理原則にも出てくる言葉で、特に「ローカル」「サステイナブル」 「エディブルガーデン」「ファーマーズマーケット」「コンポスト」「シンプル」 「ギャザリング」あたりのキーワードは、今回の旅でどこへ行っても目にし、耳にしたものであり、 これらが今の時代の流れなのだなと実感しました。なので、ここらへんのキーワードを、 私が実際に旅で見てきた、聞いてきたもの、食べてきたものから考察したいと思います。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年10月号 8月30日(金)発売

モナコ公国 華麗なる舞踏会

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading