国内

「人形のまち」岩槻にオープンした、日本初の公立人形博物館

都道府県発のとっておき「埼玉県」

EDITOR’S REPORT 街に溢れるさまざまな情報の中から、編集部員が読者の皆さまに役立つ情報を厳選してご紹介します。新しくオープンした店や、アイディアが光る新商品、地方発の注目情報など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報がきっと見つかります。記事一覧はこちら>>
※以下の記事は、『家庭画報』2020年4月号取材当時の情報です。営業状況は変更となっている場合もありますので、最新情報は公式ホームページ等でお確かめください。

「人形のまち」として有名な、埼玉県の岩槻。大正時代以降、人形の本格的な産地へと成長し、高度経済成長期には県内最大の産地になりました。

現在も県を代表してその人形作りの伝統を引き継ぐ多くの工房やお店が軒を連ねるこの岩槻の地に、2020年2月「さいたま市岩槻人形博物館」がオープンしました。

さいたま市岩槻人形博物館

一文字瓦を用い軒の大きく出た切妻屋根が特徴的。全体的に和モダンな印象に。

収蔵数はなんと5000点以上。「公立の博物館はコレクションを充実させるのに苦労することもあると聞きますが、当館では岩槻人形協同組合のかたがた、市民のご協力などもあり、多くの優れた品々が収蔵できています」と館長の林 宏一さん。

埼玉人形博物館の展示

江戸時代の「花巻土人形 司馬温公甕割」。中国の学者である司馬温公が幼少期に貴重な水甕の近くで遊んでいたところ、友人が落ちてしまい、温公は甕を割って助けた。大切なものを割ったため叱られると覚悟していた温公だが、父は友人を助けたことを誉め、何よりも大切なものは人命であると生命の尊さを教えたという。このような教訓をわが子に伝えたいという思いが込められている。

所蔵品の主軸となるのは、日本画家・人形玩具研究家として知られた西澤笛畝(てきほ) (1889~1965年)のコレクション。

画家としての審美眼によって選び抜かれた作品は、古典人形をはじめとして、郷土・創作・海外のものなど多岐にわたり、個人が収集した品々としては最高レベルのものとして有名です。

ガラス

江戸時代の「ガラスの雛道具」。わずか3センチほどの小さな切子細工。細部まで精巧なつくりが美しく、まるで発光体のよう。時代を超えた趣向が感じられる。

常設展と年に4回予定されている企画展の入れ替えで順次紹介されるので、季節ごとに訪れてみると、その度に新たな発見があるはずです。(2020年6月2日現在、企画展は中止となっています。最新情報は公式サイトや、お電話でお確かめください)

そして博物館のすぐ隣には「にぎわい交流館いわつき」が同時オープン。

岩槻の伝統工芸を体験できるワークショップが開かれるほか、地元で採れた野菜や特産品が味わえるカフェがあるのも嬉しいポイントで、子どもから大人まで楽しめる、岩槻の新たなスポットとして注目されています。

人形の目切りの様子。

人形の目切りの様子。

Information

さいたま市岩槻人形博物館

埼玉県さいたま市岩槻区本町6-1-1

TEL 048(749)0222
開館時間 9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日 月曜(休日の場合 は開館)・年末年始 ※ほか臨時の休館・開館あり
観覧料 一般300円

https://ningyo-muse.jp/

EDITOR'S REPORT

【山形県】この可憐な花、すべて木材です!山形県の老舗木材店が手がける「MOKUKA(もくか)」

【鹿児島県】鹿児島の植物や柑橘類から生まれた、100%オーガニックのコスメティック

【群馬県】国内最大級の迫力ある舞台で、オペラやクラシックコンサートを堪能!「高崎芸術劇場」

【長野県】ぶどう畑の中の絶景ワイナリー「シャトー・メルシャン 椀子(まりこ)ワイナリー」

【石川県】建築家谷口吉郎・吉生親子の精神を伝える建築館が金沢に誕生

【愛媛県】日仏伝統工芸の美しき融合「ギルディング和紙」をご存じですか

【岐阜県】日本の原風景に滞在し、美濃の暮らし、和紙の魅力に触れる旅

【愛知県】現代アートへの入門として訪れたい!リニューアルした芸術文化の拠点「愛知県美術館」へ

【茨城県】うまさの真髄は素材にあり! 食べ比べてわかる納豆の奥深さ

【福岡県】まるでタイムスリップ!大正時代の情趣溢れる門司港駅へ

【神奈川県】1日2組限定の宿「鎌倉古今」。歴史ある古民家で鎌倉野菜を使ったイタリアンを

【香川県】こんぴら歌舞伎のお供に。香川・讃岐で愛される、春爛漫のお弁当「かぶきもの弁当」

【北海道】美しき芸術空間!北海道「似鳥美術館」にルイス・C・ティファニー ステンドグラスギャラリーがオープン

【和歌山県】ナチュラルチーズ専門店「コパン・ドゥ・フロマージュ」

【東京都】旧加賀藩主前田家の華麗な暮らしぶりを拝見!「旧前田家本邸」

【島根県】暮らしをやわらかく照らし、森を守る。隠岐の島産の照明

【大阪府】柄がかわいい。大阪生まれの注染手ぬぐい「にじゆら」

【新潟県】八海山の酒蔵による「魚沼の里」で味わう新クラフトビール

【愛知県】城好きならずとも必見!名古屋城本丸御殿の復元の全貌が明らかに

【宮城県】三陸の魚介の魅力が詰まった「女川アヒージョ」!

【茨城県】アンチエイジング効果が期待できるヨーグルトを茨城県で発見!

【埼玉県】川越で利き酒!県内の銘酒をワンコインで飲み比べできる新施設

【岡山県】もはや奇跡!蒜山(ひるぜん)高原の羊飼いが作るフレッシュチーズ

【徳島県】1300年の伝統を世界へ発信する、伝統産業「阿波和紙」の挑戦と試み

【鹿児島県】「西郷どん」も食べていた?! 歴史と風土に根ざした食文化が残る奄美大島

【新潟県】鮭の町・村上の美味を家庭でも堪能

【神奈川県】「湘南小麦」が目指す、国産小麦のさらなる普及

【福島県】会津漆器文化の継承を、新たな形で試みる器

【滋賀県】地酒のように楽しめる個性的な「にごりワイン」を生産するワイナリー

【東京都】東京農業の情報発信基地で新鮮な地元野菜を

【愛媛県】「愛媛を生産日本一に」。生産者の思いが詰まったブルーベリー

【群馬県】無農薬・無化学肥料で作られる食用ほおずき「ケープグーズベリー」

【大分県】魅力的な芸術文化を発信する「創造県おおいた」へ!

【石川県】発酵王国から届いた、今の暮らしに取り入れたい逸品

【富山県】切り花チューリップの旬は2月。プレミアムなチューリップにご注目を

【島根県】日本海の鮮魚の味わい・山陰浜田「どんちっち・三魚」の干物

【佐賀県】有田焼創業400年に誕生した、グローバルな新ブランド「2016/」

【山梨県】富士山&リニアモーターカー。過去と未来を象徴する2つの人気スポットへGO!

【栃木県】贅沢な一粒!期待の新品種いちご「スカイベリー」

【北海道】アスパラガス料理とワインで、爽やかなマリアージュを

【山形県】生産量日本一を誇る「さくらんぼ」、一粒に込められた物語

【兵庫県】大名の献上品として珍重された山椒を現代の食卓で

【静岡県】一口飲めば忘れられない芳香を誇る「和紅茶」の王様

【福井県】1500年の歴史を重ね、進化する伝統工芸「越前漆器」

表示価格はすべて税込です。

『家庭画報』2020年4月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年11月号 10月1日発売

今、ふたたび 極上の旅気分

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading