国内

九谷焼・錦山窯がギャラリー「嘸旦」を開設。人間国宝 吉田美統さんらの作品を展示

EDITOR’S REPORT 街に溢れるさまざまな情報の中から、編集部員が読者の皆さまに役立つ情報を厳選してご紹介します。新しくオープンした店や、アイディアが光る新商品、地方発の注目情報など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報がきっと見つかります。記事一覧はこちら>>

石川県小松の地で4代続く窯元「錦山窯」が昨秋、ギャラリー「嘸旦(むたん)」を開設しました。

建物内に一歩足を踏み入れれば、そこは石室の厳かな空間。

自然光のみで室内を照らす建物
釉裏金彩(ゆうりきんさい)の技法で名高い人間国宝の3代目吉田美統(みのり)さんをはじめ、4代目の幸央さんと妻のるみこさんの陶芸家3人の作品はもちろん、金白盛などの日常で使いやすい器も展示されています。

壺
釉裏金彩(ゆうりきんさい)の技法

トップライトからの自然光のみで室内を照らす建物は、デザイナーの緒方慎一郎さんが手がけ、石材に地元の観音下石(かながそいし)を使用。

自然光のみで室内を照らす建物
天井には、能登仁行(にぎょう)和紙を張って光の反射を和らげるなど、窯の代名詞である金彩技法が映えるように設計されています。

金白盛などの日常で使いやすい器奥の小壺2万5000円

一見するとオブジェのように思える「華鳥夢譚(かちょうむたん)」シリーズは、カップや鉢、急須などを積み重ねたもので、各ピースは、それぞれ独立して使用することが可能。

華鳥夢譚「華鳥夢譚(かちょうむたん)」シリーズ

釉裏金彩「華鳥夢譚(かちょうむたん)」シリーズ

伝統的な色絵でありながら現代の生活にマッチする器で「作品の背景や九谷焼のあるライフスタイルを作り手として伝えていきたい」と話するみこさんの考えを象徴するようなシリーズです。すべての作品は、その場で購入・オーダーができ、工房の見学もできます。

妻のるみこさん吉田るみこさん

工房

Information

嘸旦(むたん)

石川県小松市高堂町ト-18

  • アポイント制(電話もしくは上記、ホームページより問い合わせを。対応は10時~17時)

表示価格はすべて税抜きです。

『家庭画報』2020年3月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年9月号 7月31日発売

九州を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading