海外

2019年パリで注目されたのは「サステナブル」。センスのよいアイテムが集まるショップ3軒

12月の都通信
地元で注目のホットトピックス

都(MIYAKO)通信 今世界の都では何がHOTなの――?! 毎週木曜&金曜日は、東京・京都・金沢・パリ・NY・ハワイの6都市から、現地特派員が最旬ニュースをお届けします。木曜・金曜更新。都通信記事一覧へ>>

メイドイン・フランスにこだわったセレクトショップ「ル・バザール・フランセ」で取り扱っている、「ブルードゥシャフ」のミニバッグ€229。イエローの他に、レッド、キャメル、ブラウン、ブラック、ダークブルーあり。

今年のパリは「サステナブルなショッピング」が大注目。ムーヴメントを牽引するショップ3軒

(パリ特派員:大島 泉)

パリの2019年は、環境問題に関する意識が一挙に広まった1年でした。ショッピングでも、誰もが、「エコ」や「エシカル」、「サステナブル」、「オーガニック」などのキーワードを意識するようになりました。

フランスは先進国の中でも率先して環境問題に取り組んできており、長い時間をかけてこれらの意識が人々の中に培われてきました。大気汚染対策としてディーゼル車を規制、ゴミ対策としてスーパーでのレジ袋廃止、そして世界初の試みとして、プラスチック製の使い捨て食器の販売までもが禁止されるようになりました。

こうした中で、環境問題に高い問題意識を持ったブティックが、食品だけでなくファッションやデコの分野でも、少しずつ増えてきています。

10年前には、いわゆる「意識の高い」一部の特殊な人だけが通い、普通のパリジェンヌからは、「意味があるかもしれないけど高そうだし、可愛いものはなさそう」と遠巻きに見られていたような店が、去年くらいから急に、若い人やおしゃれな人も通う人気店となり、注目を浴びています。

環境への意識が高まるパリにおいて、そうした動きをいち早く先取りし率先してきた話題のお店を3軒ご紹介します。

1.ル・バザール・フランセ

「ル・バザール・フランセ」の店内。

“メイド・イン・フランス”にこだわったセレクトショップ

まずは、2019年11月にオープンしたばかりの、“メイド・イン・フランス”なファッション、アクセサリー、インテリア小物などだけを集めたセレクトショップ、「ル・バザール・フランセ」です。

オーナーは、TVを中心に活動していた政治ジャーナリストだったジュリエット。フランス各地を取材で訪れるうちに、「メイド・イン・フランス」というコンセプトで良いものを集めた店がない、と気づき、ネットショップをスタートしたのが3年前のことです。

オーナーのジュリエット。ゼブラ柄のスウェットシャツは、「エプル・エ・メルク」というブランドのもので、もちろんメイド・イン・フランス。€100。

製法や原料、すべてにストーリーがある

選んだのは、デザインだけでなく製造もフランスで行ったもので、更に、伝統的な技術を守っていたり、環境に配慮した原料であったり、雇用の創出に役立っていたり……とさまざまなポジティブな側面を持っているものばかり。さらに、フランス製だからカーボンフットプリント(CO2排出量)も低いというのが共通点です。そしてもちろん、これは美しい、と思ったものだけ。

このたびボンマルシェの近くにオープンしたブティックでは、若手デザイナーのものを中心に30ブランドほどのアイテムを集め、新しいデザイナーを招待したり、アトリエを開催したりとさまざまな試みを初めています。

「バンディ・マンショ」のアップサイクルレザーポシェット、大€38。高級バッグ用レザーの切れ端を使っているため、発色も手触りもよく、お手頃なプライスが魅力。

例えば、柔らかい革に植物染料だけを使ったバッグブランド「ブルードゥシャフ」の鮮やかな赤や黄色のミニバッグ。ロワール渓谷で2013年に生まれたブランド「バロン・パピヨン」の、印象的なプリントの施されたスニーカー。昔ながらのチェック柄のフランス産の麻製のビストロリネンの、思いがけない色合いのシリーズ。

アーティストのマティルド・ラシャルがパリ20区のアトリエで手作りしているブランド「セラミック・アナナス」の愛らしい器たち。カップ小€20〜、お皿€32〜。

ナントの老舗ブラシメーカー「ジュリオ」が手がける、ヴィンテージなデザインが可愛いブランド「アンドレ・ジャルダン」の様々なブラシ類。アップサイクルされた高級レザーの切れ端だけで、皮革小物を作っている「バンディ・マンショ」の手頃価格ながら上質のポシェット。リヨンの絹産業の伝統を生かし、パリ在住韓国人デザイナー、ジュンヒー・キムによるスカーフブランド「モン・キジ」のカラフルなスカーフ……。

「シャルヴェ・エディション」のビストロリネンは、吸水性抜群で、手に馴染んで使いやすい、昔ながらの品質ながら、思いがけないカラフルさが魅力。各€16。

全ての商品がフランス製なので、お土産にもぴったり。原料や製法、歴史にストーリーがあり、サステナブルな意識と愛着を持って使えるものばかりです。

Le Bazar Français

24 rue de l’Abbé Grégoire 75006 Paris
電話 +33 (0)7 56 80 33 90
営業時間 11時~19時
定休日 月曜・日曜
https://lebazarfrancais.com/

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年4月号 2月29日発売

名店の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading