国内

金沢に行くならやっぱり寿司!リーズナブルなランチありの人気店3軒

8月の都通信
話題店のランチ

都(MIYAKO)通信 今世界の都では何がHOTなの――?! 毎週木曜&金曜日は、東京・京都・金沢・パリ・NY・ハワイの6都市から、現地特派員が最旬ニュースをお届けします。木曜・金曜更新。都通信記事一覧へ>>

「金澤 鮨 洋次郎」では、ネタ箱から好きなネタを選んで握ってもらえる。

ランチのほかモーニングすしも可能!使い勝手のよいすし店

(金沢特派員:直江磨美)

金沢旅でのお目当てがすしという方は多いと思います。様々なスタイルのお店が誕生して、まさに群雄割拠の金沢すし事情。今回は、ランチ営業があって、観光客も立ち寄りやすいお店3軒を紹介します。

1.金澤 鮨 洋次郎

客席からも見えるネタ箱。一ノ箱からばい貝、二ノ箱から漬けまぐろ、三ノ箱から赤いかげそをチョイス。

好きなネタを選べる庶民派カウンターずし

2019年5月に、金沢21世紀美術館から程近い柿木畠(かきのきばたけ)エリアに誕生しました。席にはお品書きが置かれ、一ノ箱、二ノ箱、三ノ箱に入るネタが明記されています。その中から、自分好みのネタを選ぶスタイルです。昼も夜も同じ価格というのが有難いです。

すしを握るのは店主のご夫婦2人

こちらのお店を営むご夫婦は、どちらもつけ場に立つすし職人。ネタは、ばい貝、甘えび、のどぐろなど地ネタを中心にしつつ、いくらや漬けまぐろなどの定番も取り入れたラインナップ。「どんなネタ・細工かわからなかったら、お気軽に聞いてください」と店主の中村さんは話します。

つけ場では、主にご主人が包丁を入れ、女将が握る。

価格は、8貫は2600円か4500円、10貫は3600円か5400円の2パターンずつ。値段によって、一ノ箱、二ノ箱、三ノ箱の中から選べるかん数が変わります。

観光地巡りの合間に立ち寄るのに便利な立地。

モーニングすしを楽しめる

週末・祝日は、朝9時から営業をしているので、朝食にすしを食べ、そのまま観光に出かけることも可能。自分の旅のスタイルに合わせて訪れたい一軒です。

金澤 鮨 洋次郎

石川県金沢市柿木畠3-3
電話 076-208-3307
営業時間 11時~14時(LO。土曜・日曜・祝日9時~)、17時~21時(LO)
定休 不定休(休業日はフェイスブックに随時記載)
https://www.facebook.com/KanazawaYojiro/
※予約がおすすめ(席が空いていれば入店可)

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年9月号 7月31日発売

九州を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading