海外

NYの食通が認める、お洒落なディナーを楽しめるエスニック料理店3軒

5月の都通信
地元で話題の個性派グルメ

都(MIYAKO)通信 今世界の都では何がHOTなの――?! 毎週木曜&金曜日は、東京・京都・金沢・パリ・NY・ハワイの6都市から、現地特派員が最旬ニュースをお届けします。木曜・金曜更新。都通信記事一覧へ>>

ザ・ボンベイ・ブレッド・バーの店内

「ザ・ボンベイ・ブレッド・バー」の南インド料理。スパイスが入ったカクテルも人気。(c)Naoko Maeda

NYならではのスタイリッシュなエスニック料理を味わう

(NY特派員:長谷川安曇)

世界中から多種多様の人々が集まる地、ニューヨーク。チャイナタウンやコリアンタウン、リトルイタリーなど、多様な民族のお店が集中するエリアでは、さまざまな国のソウルフードが味わえます。

ニューヨークの食通が足繁く通っている、スタイリッシュなエスニック料理のレストランを3軒ご紹介します。

ポップな店内でスパイシーなインド料理を楽しむ
「ザ・ボンベイ・ブレッド・バー」

ムンバイの料理

パニールと呼ばれるインドのカッテージチーズと、サマースクワッシュ(ズッキーニ)が乗ったピザ。

まずはインド料理のレストラン「ザ・ボンベイ・ブレッド・バー」。ソーホーの中心にあり、広々とした店内は異国情緒が漂います。

メニューは、オーナーシェフであるフロイド・カルドスの出身地、ムンバイのストリートフードをアメリカ風にアレンジした料理。カルドスが母親から譲り受けたレシピや、店内の竈で焼いたナンを味わうことができます。

ザ・ボンベイ・ブレッド・バーの店内

ダイニングルームの壁画はパキスタン出身のアーティスト、マリア・クマーによるもの。

カラフルでポップなインテリアは、映画監督のウェス・アンダーソンやマーティン・スコセッシ作品のセットデザイナーとして活躍するクリス・モランが手がけたものです。

The Bombay Bread Bar

195 Spring St., New York, NY 10012
電話 212-235-1098
営業時間 11時~15時(土曜・日曜)、17時〜22時(水曜から土曜~22時30分)
定休日 なし
www.thebombaybreadbar.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading