海外

観光途中に立ち寄りたい、センスのよさが評判のフローリスト5選

パリの花屋「ドゥボーリュー」。Debeaulieu,Paris.

ドラマチックな色使いとエモーショナルな組み合わせが「ドゥボーリュー」の魅力。

3.ドゥボーリュー

一番のトレンドセッター

一流ブランドの大規模な新作発表会やファッションウィークのソワレなど、パリの最先端のシーンで印象的でドラマチックな花を見かけたら、「ドゥボーリュー」であるといってもいいほど、今パリで一番売れっ子のフローリストです。

パリの花屋「ドゥボーリュー」。Debeaulieu,Paris.

他では見ないような色合いやボリュームの、1本で絵になる花が多く揃う。

オーナーのピエール・バンシュローが、ピガールの南に小さなお店を開いたのは2013年。オランダ17世紀絵画やヴィスコンティの映画『山猫』、ハンス・ピーター・フェルドマンの写真などをこよなく愛する審美派のピエール。彼の作る花は、意外な色や素材で組み合わされており、一見無造作に見えながら、絶妙のバランスとボリュームで、どきどきするようなエモーショナルなものばかりです。

パリの花屋「ドゥボーリュー」。Debeaulieu,Paris.

オーナーのピエール・バンシュロー。

ハイブランドをパートナーとする大規模な仕事の多いフローリストですが、他にはないような珍しい花が揃うため、1本だけあるいは1束だけの小さなブーケを求めて来る人も。ブーケは作り置きせず、必ずお客さまの要望に合わせて作るのがこの店流です。

Debeaulieu

30 rue Henry Monnier, 75009 Paris
電話 +33 (0)1 45 26 78 68
営業時間 10時〜20時(月曜~木曜)、10時〜20時30分(金曜・土曜)、10時30分〜14時(日曜)
定休日 なし
https://www.debeaulieu-paris.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading