国内

花の器、春色の染小物、桜スイーツ…春に買い求めたい京都の「花みやげ」4選

アトリエシムラ Shop & Gallery
花から生まれた色に触れ、奥深き京の春を知る

最後にご紹介する「アトリエシムラ Shop& Gallery」の小物も花との繋がりが深いもの。いずれも植物からとった染料で糸を染め、布に織り上げています。

アトリエシムラ Shop & Gallery 京都本店 店内

京都・嵯峨にある工房で制作を続ける染織家・志村ふくみさんの孫の昌司さんが2年前に立ち上げたブランドで、着物をはじめ帯揚げや帯締め、数寄屋袋や名刺入れなど、日々使えるものを扱っています。

アトリエシムラ Shop & Gallery 京都本店 生糸

春ははんなりとした色のものが多く並び、色の材料をうかがえば、桜や烏野豌豆とのこと。桜は花が咲く前の冬の幹や枝を使います。

アトリエシムラ Shop & Gallery 京都本店 帯締め

手染めした帯揚げや帯締めなど、春の花で染めたものはどこか可憐で初々しさがあります。

春染 1620円(税込み)。

また、3月から販売を始めたアトリエシムラ×櫻井焙茶研究所のブレンド茶「春染」にも桜を使用。緑茶に桜花や桑の葉、蓬(よもぎ)を合わせたオリジナルのお茶で、花の命と香りを楽しむ季節限定のお茶です。

左から、帯締め♯桜 3万7800円(税込み) 、帯揚げ♯桜 2万3760円(税込み)、帯揚げ♯烏野豌豆 2万3760円(税込み)。

アトリエシムラ Shop & Gallery 京都本店

京都府京都市下京区河原町通四条下る市之町251-2 壽ビルディング2階
電話 075-585-5953
営業時間 11時~18時
水曜、木曜休(祝日の場合は営業)
https://www.atelier-shimura.jp/

五感で、花の姿かたち、色や香り、味わいまでを楽しむ京都。この春は、咲く花だけでなく、さまざまな形に変容した花を見つけてみてはいかがでしょう。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年2月号 12月28日発売

別冊付録「開運・招福術」つき

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading