海外

意外と知らない?! フランスに学ぶ、ガレット・デ・ロワの正しい食べ方&楽しみ方

最近はいろんなバリエーションのガレットが登場

そんなこんなで、1月中には何度も口にするガレット。

いかにパイやアーモンドクリームが好きでも、続けば飽きてきます。

そこで最近は、パティシエや、レストランやホテルはこぞって、「今年の新作ガレット」を発表し、中のフィリング(詰め物)を工夫したり、ガレットとは思えない姿に仕立てたりと趣向を凝らしているものも。

南フランスを中心とした地域でポピュラーな、ブリオッシュ生地の上に砂糖漬けフルーツをのせた「ガトー・デ・ロワ」など、地方のバリエーションをパリで見かけることも増えました。

毎年新作が登場する各店のガレットは、パリ市民にとっては注目の的。日本でのクリスマスケーキやバレンタインデーチョコレートのように、メディアもこぞって取り上げます。

ということで、最後に、2019年のパリで注目を集めているガレットをご紹介しましょう!下のフォトギャラリーをスワイプしてご覧ください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading