海外

有名シェフ&パティシエが作ったパリの新名所「ボーパッサージュ」の魅力を大解剖!

お茶するならこの3店

ボーパッサージュBeaupassageのティエリーマルクス

ブレッドマキの「Tsukiji」は、エビ、ピンクグレープフルーツ、アボガド入り。

Thierry Marx La Boulangerie
ティエリー・マルクス・ラ・ブーランジュリー

有名シェフが手がけるブーランジェリー

フランスでも最も顔の知れた、有名シェフの代表格がティエリー・マルクス氏。パリのマンダリン・オリエンタルの2つ星レストランのシェフであるマルクス氏による、ブーランジェリーの2号店です。

ボーパッサージュBeaupassageのティエリーマルクス

ずっしりと重い、船乗りのパンこと「パン・マラン」。スライスしてもらえる。

おすすめは、どっしりと重く味わい深い「パン・マラン(船乗りのパン)」という保存がきく大型パンと、舌の上でとろけるような食感のバターたっぷりのブリオッシュ「フラン」。

ボーパッサージュBeaupassageのティエリーマルクス

フランス人にとっての懐かしい味の代表格「フラン」。

親日家でも知られるマルクス氏ならではの、パンを巻き寿司のようにロールしたサンドイッチ「ブレッド・マキ」も人気です。

Thierry Marx La Boulangerie

Beaupassage, 53-57 rue de Grenelle 75007 Paris
電話 +33 (0)7 69 42 24 64
営業時間 7時30分〜20時
月曜定休
http://www.thierrymarxlaboulangerie.com

 

ボーパッサージュBeaupassageのピエールエルメ

エルメを代表するパティスリー「イスパハン」とエスプレッソのひとときを。(c) Pierre Hermé Paris

Pierre Hermé ピエール・エルメ

実はパリになかった、
“ゆったりくつろげる”ピエール・エルメのお店

パリのパティシエの中でも最も名高いピエール・エルメ氏ですが、意外にも、エルメの名を掲げ、ゆったり座ってくつろげるお店が、これまでパリになかったそうです。

ボーパッサージュBeaupassageのピエールエルメ

(c) Pierre Hermé Paris

ボーパッサージュBeaupassageのピエールエルメ

(c) Pierre Hermé Paris

ティータイムに最適な、マカロンやパティスリーのほか、ロクシタンとコラボしたシャンゼリゼ店と同様に、クロックムッシュやサラダなど、ランチ向きのメニューもあります。

Pierre Hermé

Beaupassage, 53-57 rue de Grenelle 75007 Paris
電話 +33 (0)1 82 73 27 20
営業時間 10時〜20時
無休
https://www.pierreherme.com/storelocator/paris-beaupassage

 

%Arabica アラビカ

「アラビカキョウト」がボーパッサージュに登場!

フランスの著名シェフの名を冠したお店が連なる中、異色といえるのが、カフェ「アラビカ」。京都の名門カフェ「アラビカキョウト」のパリ店です。

お店はまだオープン前ですが、パッサージュ内に、コーヒースタンドが出ています。

口あたりがまろやかでありながら香り高い味わいは、フランス人にとってはコーヒーの概念を一新するものに違いありません。

寒さが厳しくなる年末に向けて、開店が待たれます。

%Arabica

Beaupassage, 53-57 rue de Grenelle 75007 Paris
電話 +33 (0)1 43 21 13 41
営業時間 (月曜〜金曜)8時〜18時、(土曜・日曜)9時〜18時
無休
https://arabica.coffee/location/arabica-paris-beaupassage-kiosk/

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading