国内

地酒のように楽しめる個性的な「にごりワイン」を生産する滋賀県のワイナリー

都道府県のスペシャリテ 「滋賀県」

日本国内で栽培されたぶどうを100%使用して日本国内で醸造する「日本ワイン」。その評価は日々高まりつつあります。その日本ワインの中でも、濾過を一切しない「にごりワイン」の専門メーカーが滋賀県にあります。

ワイナリー店内では販売中のすべてのワインの試飲が可能。

今回取材した「ヒトミワイナリー」は1984年にアパレルメーカーの社長が会長になった際、大のワイン好きだったことから、独自のワイン造りをしたいと思い立ち、自家農園のぶどう畑やワイナリーまで造ってしまったというのが始まり。試験醸造期間を終えて、ワイナリーが正式にオープンしたのは1991年ですから、ぶどうの生産が盛んではない近畿ではずいぶん早いワイン造りのスタートでした。

ワイナリーの周辺に点在するぶどう畑。さまざまな品種が植え分けられているのが特徴。

ワイナリーに隣接する「日登美美術館」。バーナード・リーチの作品は日本一の収蔵数。入館料500円(税込み)。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年12月号 10月30日発売

美味の「お取り寄せ」を極める

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading