国内

神戸とともに歩み続けた10年の想いが詰まったフレンチ〔ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド 〕

贅を尽くした日本のホテルで夏の美味を楽しむ Vol.04

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド

「兵庫のテロワール淡路」のディナーコースから「淡路島産鱧のフリット バスク風」。

神戸ポートタワーを正面に、ハーバーランドや「かもめりあ」に囲まれた、“これぞ神戸”というロケーション。「ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド」がオープンしてから、この秋で10年を迎えます。今や港町・神戸のランドマークともいえる華やかなホテル。そのオープンの裏には、阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた神戸市ならではの想いが秘められていました。

市の人口が震災前の数に戻ったことを契機に、「神戸の街に賑わいと活力を!」を掲げたウォーターフロント事業計画が2005年にスタート。そのコンペティションに選ばれ、誕生したのがこのホテルだったのです。すべては神戸のため、兵庫県のために……。

その気持ちが最もダイレクトに感じられるのは、ホテル2階にある「レストラン ル・クール神戸」かもしれません。開店以来、摂津・播磨・但馬・丹波・淡路からなる「兵庫五国」の食材を徹底追求。兵庫県のテロワールの可能性を掘り起こし、各エリアの食材をテーマにフェアを行ってきました。節目のこの夏は、その集大成の「淡路」コースが登場。料理人の情熱が詰まった珠玉の料理が食卓を飾ります。

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド「淡路島直送のイカの煮込み セート風」(手前)はランチコースの一品。ディナーコースのメインとなるのは「淡路椚座(くぬぎざ) 牛ロースのグリエとあわじ島レタス」(奥)。

神戸の夏の美味を存分に楽しむ3つのプラン

1.兵庫・淡路島の幸に満ちた『地産フレンチ』
ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド古くから御み 食けつ国くにとして知られる淡路島。料理人が生産地に足を運び、納得のいく上質な食材を厳選しました。鱧、由良のうに、椚座の牛肉からご存じの玉ねぎ、そしてレタスまで。個性豊かな淡路の食材の持ち味を存分に引き出した目にも嬉しい夏向きのコースです。ディナーの締めくくりには、ホテル直営のスイーツ&ベーカリー「ル・パン神戸北野」特製のグラン・デセールが登場。季節の果物の冷たいスイーツや焼き菓子にマカロン、ドラジェ。ワゴンの中からお好きなものをお好きなだけいただけます。ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドフランス料理「レストラン ル・クール神戸」の兵庫のテロワール・淡路ランチコース(3800円〜)、ディナーコース(1万3000円)は2018年7月1日~8月31日。要予約。

2.現代の名工による『カービングディナー』ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドメートル・ド・テルとしての多大な功績が認められ、世界に誇る技能者、「現代の名工」として厚生労働省から表彰されたホテル総支配人の檜山和司さん。お客さまの前で鴨肉を美しく切り分けたり、伊勢海老をさばいたり、炎を操って香ばしいクレープシュゼットを仕上げたり……、流れるような美しい技は、まさに名工、日本フランス料理界の宝といえるでしょう。「フランス料理は五感のご馳走だと思うのです。空間と時間を演出するのが私たちの大切な仕事。心に刻まれる思い出の食卓のお手伝いができれば嬉しいですね」。ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドフランス料理「レストラン ル・クール神戸」のディナーコースでご用意。1名2万2500円~。2~4名さままで。要予約。

3.グランピング気分の『ガーデングリル』ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド神戸港中突堤を望むように設けられた2階のガーデンテラスが、この夏ラグジュアリーなワイン&ビアガーデンに変身します。おすすめは厳選した食材をシェフ自らがグリルする「ガーデングリル」。神戸牛ロース肉のポワレ(100グラム・1万2000円)をはじめ、瀬戸内産たこのアヒージョ(2000円)、オレンジ風味のクレープ(1500円)など、このホテルならではのメニューが並んでいます。「グラン・ブルー」(1200円)などのオリジナルカクテルも充実。穏やかな海風に吹かれながら、華やかなグランピング気
分で夏の夜をお過ごしください。ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド

「ラ・スイート スタイル グランピング ガーデングリル」は2階ガーデンテラスにて2018年4月1日~10月31日の期間限定開催(花火大会およびホテルイベント日を除く。当日の天候により、開催中止の場合あり)。
営業時間:月曜~金曜18時~22時(最終入店20時)、土曜・日曜・祝日17時~22時(最終入店20時)
TEL:078-371-1188(ラウンジ&バー「グラン・ブルー」直通)

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 11月1日(木)発売!

「贈り物」新スタイル

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading