国内

歌舞伎俳優 中村隼人さん、京都「妙心寺退蔵院」で“禅の心”に触れる

京都で新体験 第2回(全30回) 今、私たちに必要なのは、心をからっぽにし、頭を整理する時間です。自分の心に、自分の人生に深く残る何かを求めて、日本の心の原点、京都に旅立ちます。前回の記事はこちら>>

日本の心の原点。京都で学ぶ、京都を知る

禅語に『不立文字(ふりゅうもんじ)』という言葉があります。本当に大事なことは言葉では伝わらないという意味です。この記事では、体験・実践を通して、奥深い京都の魅力に迫ります。

京都で学ぶ、京都を知る
【妙心寺退蔵院「陰陽の庭」】「陽の庭」との対をなす枯山水庭園「陰の庭」。2つで構成する庭は、仏教でいう「不二」を表し、物事を善悪や、正誤の二元的な捉え方をしてはいけないという教えを表す。2つの間には無限の立場があり、多様な立場を尊えということ。

坐禅

「一日一度、姿勢と呼吸を調え、静かに坐って心をからっぽにする。今、心の掃除が必要です」(松山大耕さん・妙心寺退蔵院副住職)

京都で学ぶ、京都を知る

【不変の美を表す、退蔵院「元信の庭」】16世紀後半、狩野派2代目狩野元信が作庭したと伝わる枯山水庭園を前に、心を調える歌舞伎俳優の中村隼人さん。左は坐禅の指導をする退蔵院副住職・松山大耕さん。庭の常緑樹が、「不変の美」を表現している。

歌舞伎俳優 中村隼人さん「禅の心」に触れる

中村隼人さん
(なかむら・はやと)1993年東京都生まれ。2代目中村錦之助の長男。2002年歌舞伎座『寺子屋』の松王丸一子小太郎で初舞台。18年新作歌舞伎『NARUTO-ナルト』、2019年スーパー歌舞伎Ⅱ『新版オグリ』でダブルキャストを勤める。テレビドラマでは、NHKのBS時代劇『大富豪同心』シリーズで主演を務めている。

[教える人]松山大耕さん(妙心寺退蔵院副住職)
(まつやま・だいこう)1978年京都市生まれ。2003年東京大学大学院農学生命科学研究科修了。07年妙心寺退蔵院副住職に就任。政府観光庁「Visit Japan大使」、京都市「京都観光もてなし大使」に任命される。著書に『大事なことから忘れなさい』(小社刊)、『ビジネスZEN入門』(講談社刊)など。

砂紋

動中の工夫、静中に勝ること百千億倍


京都で学ぶ、京都を知る

禅の修行体験。退蔵院「陰陽の庭」に砂紋を引く

作務衣姿で重量たっぷりの砂熊手を持ち、枯山水庭園「陽の庭」に砂紋を引く中村隼人さん。砂紋は、曲線より真っ直ぐ引くほうが難しく、余計なことを考えるとすぐ曲がるという。極意は「遠くを見ること」。短い視野で動くとブレてしまうのは人生と同じ。

Information

臨済宗大本山 妙心寺退蔵院

京都市右京区花園妙心寺町35

TEL 075(463)2855
拝観時間 9時~17時

〔特集〕「心を調える」秋 京都で新体験

01 京都で新体験

02 歌舞伎俳優 中村隼人さん、京都で“禅の心”に触れる


【イベントのご案内】妙心寺退蔵院で禅の心に触れる会

妙心寺の塔頭、退蔵院にて坐禅、写経を体験し、禅の心に触れるひとときをお過ごしいただきます。閉門後に貸し切りで、ライトアップされた枯山水の「元信の庭」をはじめ、紅葉の池泉回遊式庭園「余香苑」を散策後、精進料理のコースをお召し上がりいただきます。

詳細・応募はこちら>>


この特集の掲載号
『家庭画報』2022年10月号

『家庭画報』2022年10月号

撮影/本誌・西山 航

『家庭画報』2022年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading