国内

「ロテル・デュ・ラク」竹生島を望む絶景と、“湖北キュイジーヌ”を楽しむ

絶景の開運スポットへ 第12回(全23回) 地理風水師・御堂龍児(みどうりゅうじ)さんがすすめるパワースポットを中心に、その言葉を織り込みながら絶景を楽しみ、湯に浸かり、大地の恵みをいただく“開運旅”へ、ご案内します。前回の記事はこちら>>

開運の旅へ「琵琶湖」
希少な“古代湖”の恵みをいただく

竹生島→長浜→近江八幡

人々が親しみを込めて“うみ”と呼ぶ琵琶湖。滋賀県の6分の1の面積を占める雄大な湖は、古より人々の生活の礎となっています。独自の生態系を築く湖の幸、美しい水で育まれる地産食材、進化する発酵文化。琵琶湖の豊かな恵みをいただき、穏やかな水の力を五感で味わう。心と体にじんわりとエネルギーが満ちる旅に出かけましょう。

〔宿・ホテル〕ロテル・デュ・ラク(滋賀県長浜市)

ロテル・デュ・ラク(滋賀県長浜市)

見晴らし抜群の高台でピクニック気分を楽しむことも可能。

竹生島を望む絶景と“湖北キュイジーヌ”を楽しむ

琵琶湖国定公園内に4万坪の広大な敷地を持つ「ロテル・デュ・ラク」は、遮るものなく竹生島を眺められる湖畔のホテル。

ロテル・デュ・ラク(滋賀県長浜市)

本館の「ラグジュアリースイート」(80平方メートル)。

ここで大切にしたいのは、「ゆっくり眺めることで竹生島とつながる時間」(御堂龍児さん)です。

絶景と並ぶ大きな魅力が、4月にオープンしたイノベーティブレストラン「SОWER(ソウアー。英語で種をまく人の意)」。オープンキッチンで指揮を執るのは、三つ星店で研鑽を積んだアメリカ人シェフ、コールマン・グリフィンさんです。

ロテル・デュ・ラク(滋賀県長浜市)

右から、スーシェフの吉田将吾さん、総料理長のコールマン・グリフィンさん、サービスマネージャーのキャシー・ジオンさん。

琵琶湖にひと目ぼれしたという彼は、地元湖北地方を中心に多くの生産者を訪ねて食材を研究し、メニューを考案。

「おいしいのはもちろん、好奇心を刺激する料理を提供したい」と語ります。季節で移り変わる湖の景色と湖北キュイジーヌを味わいに、折々に通いたいホテルです。

ロテル・デュ・ラク(滋賀県長浜市)

琵琶湖産いわなの卵を使った目にも鮮やかなひと皿。コースは15品1万6500円。

Information

ロテル・デュ・ラク

滋賀県長浜市西浅井町大浦2064

  • 1室2名利用で1泊2食付き
    1名4万1580円~ IN15時/OUT12時
    レストランのみの利用も可能(要予約)

御堂龍児(みどう りゅうじ)

取材協力/御堂龍児
撮影/本誌・坂本正行 取材・文/清水千佳子

『家庭画報』2022年6月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

9月号 8月1日発売

次の九州は“美味しい”を訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading