国内

じんわりとエネルギーが満ちる「琵琶湖」へ開運旅。美しくロマンに満ちた、神秘の島「竹生島」

1300年前よりある古刹へ

希少な“古代湖”の恵みをいただく

唐門(左部分)は豊臣秀吉が建てた大坂城の現存する唯一の遺構。唐門と観音堂、秀吉の御座船の骨組みを用いた舟廊下(重要文化財)は2020年に修復が完了。

竹生島宝厳寺の始まりは724年。聖武天皇が、夢枕に立った天照皇大神から「江州(〈ごうしゅう〉近江国の別称)の湖中にある小島は弁才天の聖地。寺院を建立せよ」とのお告げを受け、僧行基に開基させました。

本堂に安置されているご本尊の秘仏、大弁才天は江の島、宮島と並ぶ「日本三弁才天」の一つ。普段は非公開で、60年に一度のご開帳は次回2037年です。唐門(国宝)は総黒漆塗りで金彩や色鮮やかな彫刻が映える桃山様式らしい遺構。

観音堂(重要文化財)は千手千眼観世音菩薩が安置されており、西国三十三所観音巡礼の第三十番札所となっています。『平家物語』の「竹生嶋詣」では、平 清盛の甥、平 経正が「一度でもここに参詣した者は願いがすべて叶うと聞いている」と語り、琵琶を奏でたとされる聖地。今も美しくロマンに満ちています。

竹生島宝厳寺(ちくぶしまほうごんじ)
滋賀県長浜市早崎町1664‒1 TEL:0749(63)4410

下のフォトギャラリーで詳しくご紹介します。

御堂龍児(みどう りゅうじ)

尋龍点穴(じんりゅうてんけつ)法ができる日本唯一の風水師として高い評価を受け、活動の場は台湾、中国の福州・深圳にまで広がる。「大自然の流れの中の風水」を信条に、本来的な開運法を紹介。主宰する山川哲学委員会では、四柱推命の伝授にも注力。『風水龍脈ツアー』(国書刊行会)など著書多数。


〔特集〕絶景の開運スポットへ

01 絶景の開運スポットへ

02 藤の名所「天王川公園」の花絶景

03 水仙の“花絶景”「びわ湖バレイ」

04 明石海峡と大阪湾の絶景「兵庫県立公園あわじ花さじき」

05 ポピーが色鮮やかに、力強く咲く「くじゅう花公園」

06 シャクヤクの花畑へ。約160種、2000株が咲く「手づくり村 鯉艸郷」

07 伊豆最古の宮「白濱神社」へ開運旅へ

08 峰温泉の歴史を刻む宿「玉峰館」(伊豆・河津)

09 龍脈につながる岬は、まさに伝説の龍そのもの!「石廊崎」

10 「伊豆」の開運旅のおすすめルート&お土産

11 じんわりとエネルギーが満ちる「琵琶湖」へ開運旅


この特集の掲載号
『家庭画報』2022年6月号

『家庭画報』2022年6月号

取材協力/御堂龍児
撮影/本誌・坂本正行 取材・文/清水千佳子

『家庭画報』2022年6月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

【創刊777号記念】11月号 10月1日発売

家庭画報の手土産

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading