国内

奈良・聖林寺へ。安産や子授けの願いを叶えてくれるお地蔵様や、美しき秘佛に出会う

誌上初公開。三が日だけ出会える美しき秘佛

※家庭画報2021年7月号にて。

お正月のわずか3日間のみ公開される小さな仏様が、本堂で飾られる辯財天(弁財天)と寳蔵天(吉祥天)です。小さいながらも精巧な造りで、江戸時代から大切に守られてきました。毎年1月1日から3日まで、美しい秘佛がお客さまをお迎えします。

辯財天

十一面観音の待つ地 聖林寺を訪ねる
辯財天は音楽や弁舌、財福をつかさどる女神で、学問や芸術の守護神とされている。さまざまな持物を手にする八臂で、白蓮に半跏坐で鎮座されている。

寳蔵天

十一面観音の待つ地 聖林寺を訪ねる
優しい表情が可愛らしい仏様。吉祥天とも呼ばれ、花冠に華やかな服をまとう。右手は蓮の花、左手には宝物を入れた宝珠を持ち、蓮の上に立っていらっしゃる。

秘佛 特別公開
毎年 1月1日〜3日 秘佛「辯財天」「寳蔵天」特別開扉
聖林寺本堂にて、開帳いたします。

Information

聖林寺

奈良県桜井市下692

アクセス 近鉄・JR桜井駅から談山神社行きバス「聖林寺」下車徒歩3分、またはタクシー約10分。
TEL 0744(43)0005
拝観時間 9時〜16時30分
定休日 年中無休

http://www.shorinji-temple.jp

  • 階段、坂道に注意してください。
    ※現在観音堂は改修工事中です。工事の間は東京と奈良で特別展が開催されます(第1回の記事参照)。
    改修後の観音堂での拝観は、2022年4月末からの予定です。また現在、改修のためのご支援を募集するクラウドファンディングを実施しています。
    詳細は以下。readyfor.jp/projects/shorinji2021

〔特集〕特別取材─天平の十一面観音を訪ねて 奈良・聖林寺の国宝と出会う

撮影/本誌・坂本正行 取材・文/萬 眞智子 撮影協力/槇峯眞千子

『家庭画報』2021年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

11月号 10月1日発売

京都の醍醐味

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading