国内

太陽と月と織物のぬくもりに癒される 南の島の桃源郷 。奄美大島「ホテル ティダムーン」

島の食材と伝統料理をリゾートのテイストで

食事の楽しみもリゾートホテルの大切なポイント。無農薬の朝摘み野菜とハーブを中心にした伝統料理やモダンなイタリアンで地元の人にも愛されるホテル ティダムーンの「ビストロ奄味-amami」では、奄美大島の郷土料理「鶏飯」もお洒落なテイストに。

奄美大島 ホテル ティダムーン奄美大島の郷土料理「鶏飯」を薬膳にアレンジ。喜界島産の生姜とゴマ、奄美産のタンカンなどを使用したオリジナル薬膳スープをかけていただきます。「薬膳鶏飯」1320円。撮影/齋藤幹朗

特産の車海老を使ったパスタや新鮮な魚介類たっぷりの海鮮丼など、身体の中から元気になるメニューが豊富です。奄美のエネルギーが詰まった「長寿朝食」には宿泊者へのおもてなしの心が込められています。

奄美大島 ホテル ティダムーン奄美産の車海老がたっぷりと。帆立貝やイカの風味も豊かな「奄美産車海老のトマトクリームパスタ」1650円。撮影/齋藤幹朗

奄美大島 ホテル ティダムーン人気のランチメニュー。奄美産の旬の海の幸と山の幸を使った「奄美丼」味噌汁付き1650円。撮影/齋藤幹朗

きもの好きなら訪れてほしい大島紬美術館も併設

奄美大島 ホテル ティダムーン大島紬美術館。 宿泊者は入場無料・要予約。撮影/福澤昭嘉

ホテル ティダムーンは、もともと奄美大島の織元が島を訪れるきもの関係者のために15年前に建てたゲストハウスでした。

現在でもスタッフの多くは大島紬の作り手でもあるため、きもので観光する方には着付けのお手伝いをすることも。館内には「大島紬美術館」が併設され、画家・田中一村の著作権を保有するという織元ならではの紬を鑑賞することができます。

ココロもカラダも自然の恵みで元気になれる、小さくて大きな島、奄美。ぜひ一度訪れてみてください。

Information

ティダムーン

鹿児島県奄美市笠利町平1260

アクセス 奄美大島へは羽田から直行便で約2時間、伊丹空港から約1時間半、鹿児島空港から約1時間。
TEL 0997-63-0006

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

10月号 9月1日発売

癒やしの絶景美術館

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading