国内

太陽と月と織物のぬくもりに癒される 南の島の桃源郷 。奄美大島「ホテル ティダムーン」

奄美大島 ホテル ティダムーン
2021年6月、世界自然遺産の登録勧告を受けた鹿児島県の奄美大島は、手つかずの自然と素朴な暮らしが残る南の島。

島内に数少ないリゾートホテルのひとつが、空港から車で10分の「ホテル ティダムーン」です。ここは、窓の外に広がる海を眺めているだけでもネイチャーデトックスになる、贅沢を味わいつつ、リゾートホテルならではの優雅な食の時間も大切にしたい、そんなわがままが叶ってしまう場所。

ティダムーン屋外プール。宿泊者のみ利用可・無料。

奄美大島 ホテル ティダムーン客室からの眺め。撮影/山﨑理

2020年、建築家・藤田豪氏により全室リニューアルされたホテル ティダムーン。

シグネチャールームは、奄美大島ゆかりの画家・田中一村の作品をモチーフにしたスイートルームです。畳敷きが南国らしい寛ぎの空間を演出し、山の空気を感じさせる、アンバーなトーンの落ち着いた一室になっています。

奄美大島 ホテル ティダムーン田中一村 スイートルーム。撮影/福澤昭嘉

海側のスイートルーム「MOON」は、神が最初に降り立ったという伝説がある巨岩「立神(たちがみ)」と朝日を眺めながら、優雅なバスタイムを約束してくれる一室。まるで海と空が織りなす時の流れを鑑賞するためにつくられた部屋のようです。

奄美大島 ホテル ティダムーンスイートルーム「MOON」。撮影/福澤昭嘉

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報2022年1月号

1月号 12月1日発売

新年を寿ぐ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading