修造画報

小谷実可子さん×松岡修造さん「今、私たちにできるのはオリンピック・パラリンピックの神様に恥じない日々を過ごすこと」

松岡修造の東京2020への道 届け!熱い思い

2020年10月に東京2020大会のスポーツディレクターに就任した小谷実可子さんは日本のアーティスティックスイミング(旧シンクロナイズドスイミング)界のパイオニア。松岡さんの“小谷さん礼賛”で幕を開けた対談では、明るい笑顔と飾らない言葉で、大役への覚悟やオリンピックへの思いを明かしてくれました。

*『家庭画報』2021年5月号掲載。この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。本取材は感染予防対策を徹底して実施しました。

松岡さんと小谷さん

今もストイックなトレーニングを続けている小谷さん、「苦しいトレーニングはしません。甘造です」と謙遜する松岡さん。ともにアスリート体型を維持していて、あっぱれです! 松岡さん・スーツ、シャツ、ベルト、靴/紳士服コナカ

第32回
東京2020スポーツディレクター、アジア・オリンピック評議会アスリート委員長
小谷実可子さん

小谷 実可子さん

小谷 実可子さん MIKAKO KOTANI
1966年東京都生まれ。88年のソウルオリンピックで旗手を務め、シンクロナイズドスイミング(現アーティスティックスイミング)のソロ、デュエットで銅メダルを獲得。92年のバルセロナ大会も代表となったが、出場は果たせず、大会後に引退。オリンピック、教育関連の要職を歴任する一方、アーティスティックスイミングのコーチも続ける。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会スポーツディレクター。

小谷さんが感激した組織委員会の温かさ

松岡 小谷さんがスポーツディレクターになられて、僕は「いよいよ小谷さんが本領を発揮するぞ!」とわくわくしているんです。表現力、英語力、行動力、リーダーシップ、すべてを兼ね備えたかたですから。

小谷 買いかぶりすぎです! 本当の小谷実可子は日々トレーニングをして、お天気がいい日には海でぼーっとしていたい人間ですから。

松岡 でも、実可子さんは「可能にして実らせる子」ですから。できる子なんですよ。

小谷 そう期待されて、いろいろなお役目をいただくのは好きなんです。チャンスをくださったかたに「任せてよかった」といってもらいたい一心で何とかやっています。“ええかっこしい”なんでしょうね。

松岡 僕と違って、失敗するイメージが一切ありません。新しく入られた組織委員会はいかがですか。

小谷 感動しました! 優秀な日本人がこんなにたくさんいるなんて、と。志があって、やる気に満ち溢れていて、英語も堪能で……。コロナ禍で組織委員会も非常に難しい状況にありますが、みなさんと困難を一つ一つ乗り越えていく毎日が、誤解を恐れずにいうと、楽しいです。

松岡 充実しているんですね。

小谷 はい。私自身はみなさんが期待しているスポーツディレクター像とは違うかもしれませんけど。パソコンの電源の入れ方を教わることから始めました(笑)。

松岡 え、どういう意味ですか?パソコンはもともとお持ちですよね。

小谷 いえ、持っていません。文章でのやりとりはこれまで、スマホにしゃべって文字に変換して、ピュッと送っていました。

松岡 それで問題なくやってこられたとは、ある意味すごいです。

小谷 組織委員会では、パソコンの操作でまごまごしていると、誰かがすっと現れて、「お手伝いしましょう」と助けてくれます。そういう親切心やスマートさにも感激しました。入る前はピリピリした雰囲気を想像していたんですが、実際は温かくて家庭的。みなさん、お仕事が大変でも、人としての優しさを忘れずに進めているからだと思います。たぶん、世間のかたがたがイメージする組織委員会とはだいぶ違うでしょうね。

松岡 小谷さんの力を思う存分発揮できる場所ですね。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

魅惑の「豪邸」拝見

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading