修造画報

【対談】日本交通 川鍋一朗さん×松岡修造さん「まさかのピンチも変革の好機に」

川鍋さん

「タクシー最大の価値は24時間365日、走り回っていること」──川鍋さん

川鍋 私はタクシーの価値とは結局、「24時間365日、あらゆるところを走り回っていること」だと思っているんです。東京にタクシーは約4万台、救急車は約300台。タクシーは緊急時にいち早く駆けつけられる。そのことに気づいて8年前に始めたのが「陣痛タクシー」です。

事前にご住所と病院を登録していただいた妊婦さんが専用回線に電話をすると、24時間いつでもすぐにお迎えに上がり、病院にお送りするというサービスで、毎年多くのかたにご利用いただいています。また、全車に防犯カメラを積んでいるため、警察からの依頼で映像を提供し、事件や事故の捜査に協力することも日常的にしています。

松岡 タクシーが果たす役割はどんどん増えているのですね!

全自動化も近い?タクシーの未来予想図は

松岡 ところで、タクシーは近い将来、自動運転になるのでしょうか。

川鍋 自動運転にはなりますが、「無人運転」にはならないというのが、私の見立てです。タクシーはこの先、人だけでなく物も運び、小さなコンビニ的な役割も担う存在になると思っています。無人でそこまでのことはできません。乗務員は運転技術より、ホスピタリティが求められる時代になっていくでしょう。

松岡 一朗さんには未来のタクシー像がはっきりと見えているのですね。そのビジョンを実現するためには、何が大事だと思われますか。

川鍋 まずは自分が切り開いていくことですね。修造さんがウィンブルドンでベスト8になられたことで、みんなが「日本人でも世界で戦える」と思ったように、「ここまではいける」というのを示すことが大事だと考えています。同業者のみなさんと一緒にタクシー業界全体のクオリティを上げていくこと。それが自分の使命だと思っています。

松岡 “一朗チャレンジ”はまだまだ続きますね。世界に誇れる日本のタクシーのさらなる進化を、心から楽しみにしています!

川鍋さんより〜
オンライン対談を終えて

川鍋さん2017年にトヨタが発表した「ジャパンタクシー」は利用者にも乗務員にも優しい仕様。深こい藍あい色のボディに東京2020のエンブレムが映えています。

「社員から『熱すぎます!』『日本交通の松岡修造』などとよくいわれます」と楽しそうに話す川鍋さん。

「修造さんのご活躍は昔から拝見してきましたが、これほど華麗なる転身を果たされたトップアスリートのかたは珍しいのではないでしょうか。対談では、画面越しでも、修造さんのほとばしる熱い思い、情熱が伝わってきました」。

修造エール

一つ一つの質問に言葉を尽くして答えてくださった一朗さん。モニター越しでもその熱さ、雄弁さは十分伝わってきました。

そんな一朗さんはなんと、日本交通の社長だった時期に1か月間、タクシーの運転手を経験されています。地理音痴ゆえの失敗もありながら、次第に社員のみなさんも驚くほどの売り上げを記録するように。

貴重な経験を通して、一朗さんは、それまでに立てた仮説──運転手はこんなとき、こういう気持ちだろうといった想像──の答え合わせができたこと、人の優しさに触れられたことが嬉しかったといいます。

抜群の行動力、すべての経験を生かして前へ進んでいく力。東京2020で“最初のおもてなし”を担うタクシー業界のトップは、本当に頼もしい存在です!

修造エール

「修造画報」心のコラム一覧

第1回「オリンピックを“自分ピック”に!」

第2回「2020年、日本のスポーツ文化は変わります!」

第3回「選手を知れば知るほど、応援は楽しくなる!」

第4回「開会式は日本が総力を結集してつくる壮大な舞台。必見です!」

第5回「大会の成功はボランティアの笑顔にかかっています!」

第6回「オリンピックの選手村はこんなに楽しい!」

第7回「パラリンピックはすべての試合に大きな感動があります!」

第8回「ラグビーワールドカップ2019が教えてくれたこと」

第9回「男子マラソン・中村匠吾選手、服部勇馬選手にエールを送ります!」

第10回「挑励(チョレイ)!卓球男子代表に内定した張本智和選手が苦悩の末に取り戻した自信」

第11回「目指すは金メダル。卓球女子日本代表は強いです!」

第12回「僕が忘れられない、日本代表選手たちの名言」

第13回「一体感がいい!新しい国立競技場に立って感じたこと」

第14回「金メダル獲得で得られる、とてつもない自信

東京2020への道 届け!熱い思い一覧

福岡発、世界中で愛される東京2020大会マスコットが誕生!/キャラクターデザイナー 谷口亮さん

聖火リレーの“温かさ”が多くの人の記憶に残ってほしい/デザイナー 吉岡徳仁さん

東京2020を宇宙から応援するために 日本の超小型衛星を空へ!/東京大学航空宇宙工学専攻教授・工学博士 中須賀 真一さん

世界中から集まる選手のために“食のALL JAPAN”で臨みます/帝国ホテル特別料理顧問 田中 健一郎さん

東京2020で“チャレンジできる機会”をつくり、多くの人を巻き込みたい/パラ・クリエイティブプロデューサー ディレクター栗栖良依さん

仲間と交わり、気持ちよく汗をかく。それが人と人とをつなぐスポーツ最大の魅力です/日本オリンピック委員会会長 山下 泰裕さん

東京2020はデザイン界にとっても重要なイベントです/グラフィックデザイナー 廣村正彰さん

人種も言語も宗教も超えるスポーツの力、素晴らしさを伝えたい/日本オリンピックミュージアム副館長 松丸 喜一郎さん

東京2020パラリンピックのメダルを手がけた、デザイナー松本早紀子さんにインタビュー

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会への特別メッセージ「今こそ世界が一つになるとき」── 松岡修造さん

グラフィックデザイナー佐藤 卓さん「スポーツを通して心を一つに」アートポスターで思いを表現

山中伸弥さん×松岡修造さん、京都と東京でのオンライン対談が実現!

松岡 修造  SHUZO MATSUOKA

1967年東京都生まれ。86年にプロテニス選手に。95年ウィンブルドンでベスト8入りを果たすなど世界で活躍。現在は日本テニス協会理事兼強化本部副本部長として、ジュニア選手の育成とテニス界の発展に尽力する一方、テレビ朝日『報道ステーション』、同『TOKYO応援宣言』、フジテレビ『くいしん坊!万才』などに出演中。近著に『ネガティブが人を強くする! 修造流 脳内変換術』。東京2020オリンピック日本代表選手団公式応援団長。公式サイト>>

撮影/鍋島徳恭 スタイリング/中原正登〈FOURTEEN〉(松岡さん) ヘア&メイク/井草真理子〈APREA〉(松岡さん) 取材・文/清水千佳子 撮影協力/日本交通

『家庭画報』2020年8月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading